工業英検準2級不合格体験記

2019年4月11日

正直受かっている自信があり、当然合格しているだろうと郵送で送られてきた試験結果を見てみたら不合格でした。
不甲斐ないですね。

今回は工業英検準2級不合格体験記を書きたいと思います。



1.試験概要

詳しい概要はこちらに書きました。

工業英検(工業英語能力検定)準2級の難易度や勉強法は?

受験料
6400円(税込み)

試験時間
80分

合格基準
60%

合格発表日
約1ヶ月後

2.使用した参考書

使用したのは過去問題集です。

あとはKindle Unlimitedを使って工業英検の単語集を読みました。
ライセンス ラボ著「工業英語能力検定 頻出単語 BASIC」レビュー★☆☆☆☆
ライセンス ラボ著「工業英語能力検定 頻出単熟語」レビュー★★★☆☆
ライセンス ラボ著「工業英語能力検定 英英単語集 BASIC」レビュー★☆☆☆☆
ライセンス ラボ著「工業英語能力検定 英英単語集」レビュー★★★☆☆

他にはサイトでちょっと工業英検で出てくる単語について調べたくらいです。

3.所感

真面目に受かっていると思ったんですけどね。
結果は不合格です。

不合格の中にもランクがあリ、
A:もう一歩で合格です。弱点を補強して次回もう一度チャレンジしてください。
B:ある程度の工業英語力は認められますが、まだ理解が不十分です。過去の試験問題の傾向を把握し、総復習をしてください。
C:工業英検の基礎をもう一度学習してください。過去の試験問題の傾向を把握し、総復習をしてください。
に分けられます。

私はその中でもCでした。
結構がっつり勉強したのでショックです。

ガチで勉強してC判定ならたぶん私には一生かかっても工業英検準2級に合格できませんね。

私に工業英検は分不相応なので一旦工業英検の受験は控えたいと思います。
TOEICや英検を集中的に対策していきたいです。

4.総評

今回は工業英検準2級の不合格体験記を書きました。

不合格通知が届いて名前を書き忘れたりしたのを疑いましたが、念の為解答をコンビニからダウンロードしました。
コンビニで解答をダウンロードしたところ、正答率6割は超えていそうでした。

工業英検準2級は点数配分として選択肢から選ぶ問題が半分、英作文や和訳が半分に分かれています。
不合格になった可能性としては、選択肢から選ぶ問題の正答率は6割は超えていましたが、英作文や和訳でまったく点数が入らなかったことです。
英作文や和訳の問題でまったく点数が入らなかったことを考えると、C判定であったことも納得がいきます。

ちなみに、私が受験した工業英検の合格率は、
2級が42パーセント、準2級が22パーセント、3級が47パーセント、4級が45パーセントです。

準2級だけ合格率が著しく低いですね。
準2級より難しいはずの2級の合格率が準2級の合格率よりも高いです。

準2級の合格率は例年50パーセント前後のはずです。
ちょっとこれは資格として成り立たないのではないかと思います。
合格率がここまで変わってしまうのはどうかなと思います。

ネットでは工業英検は不完全な資格と噂です。
こういった合格率が安定しないことがその所以かと思います。

まぁ気を取り直して他の資格に目を向けていきたいですね。

勉強期間:1ヶ月
勉強時間:30時間くらい?
受験時のスペック:3年ほど前にTOEIC860点取得済み
得点率:不明

私が今までに取得した資格の一覧はこちらになります。
取得済資格一覧

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。






資格

Posted by ちこ