哲学

今回は伊藤 泰雄著の「哲学入門―身体・表現・世界」を読んだ感想についてご紹介いたします。

1.所感

哲学の本は大学時代の頃から多少は読んできたので比較的スムーズに読むことができました。