漢字検定2級不合格体験記。合格まであと1点でした

今回は漢字検定2級の不合格体験記を書きたいと思います。
タイトルにあるとおり、あと1点で合格でした。



1.漢字検定2級の試験概要

詳しい概要はこちらに書きました。
漢検2級とは?大学・一般程度の難易度!常用漢字をマスターしよう!

2.漢字検定2級で使用した参考書

私が漢字検定2級の勉強において使用した参考書は下記の「漢検 2級 過去問題集 2019年度版」のみです。

しかし、ほとんどと言っていいほど勉強しませんでした。

せいぜいどんな問題が出るのか確認した程度で、取り組む気力も時間も圧倒的に足りませんでしたね。

私は普段はフリーランスエンジニアの仕事をしていますが、ちょうどその時は業務内容が変わって忙殺しておりました。
完全に言い訳ですが。

3.漢字検定2級の所感

完全に言い訳ですが、勉強さえすれば合格は十分可能だったと見ています。
その勉強するのが難しいんですけどね。

結果は下記の写メの通りあと一点でした。
200点満点中合格点は155点で、私は154点という結果でした。
漢字検定2級不合格体験記。合格まであと1点でした

漢字検定2級の合格基準点は、8割と言われています。
200点満点で考えた場合、8割というと160点ですから、今回はやや難易度が高かったことが窺えますね。

私は上記でほとんど漢字検定の過去問題集を解かなかったことに触れていますが、代わりに下記の「【漢検】漢字検定WEB問題集」は結構がっつり取り組みました。
【漢検】漢字検定WEB問題集

がっつり取り組んだと言っても本当は何周もしたかったのですが、各分野最低1周しか取り組めてないです。
やっぱり何周もしなければ漢字は覚えられませんね。

仕事が忙しい中、合間合間に「俺何やってるんだろう」と思いながら漢字練習してたんですけどね。
結果は不合格に終わりました。

しかしこのままでは終わりません。

漢検2級以下の難易度の場合、紙の試験ではなくパソコンを使用したCBT方式での受験もできるようなので、前向きに受験を検討していきたいと思います。

4.漢字検定2級の総評

今回は漢字検定2級の不合格体験記について書きました。

全体的なものとして、圧倒的な勉強不足であったことが今回の敗因です。
どうせ受験するのなら、もっと自分を追い込んで試験に臨みたいですね。

勉強期間:2週間くらい
勉強時間:20時間くらい?
受験時のスペック:大学理系卒
得点率:200点満点中154点

私が今までに取得した資格の一覧はこちらになります。
取得済資格一覧

私がおすすめする勉強法はこちらでご紹介してます。
おすすめ勉強法ベスト3

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






資格

Posted by ちこ