漫画のレビュー記事はPVを稼げるのか

2019年4月29日

このサイトでは漫画のレビュー記事も結構書いています。

今回は漫画のレビュー記事はPVを稼げるのかについてお伝えしようと思います。

よろしければこちらも併せてご覧ください。
本をレビューする書評ブログはPVを稼げるのか
映画のレビュー記事はPVを稼げるのか
ブログの収益報告はPVを稼げるのか



漫画のレビュー記事はPVを稼げない

最初に結論を書きます。

ほとんどの漫画のレビュー記事はPVを稼げません。

私のブログではダッシュボードの投稿一覧の右にPV数が出るようにしております。
次の画像をご覧ください。

ほぼPVがないのが見て取れますね。
公開しているのは約1年前ですが、公開から現在までほとんどPVを取れてないのが分かります。

ただし、話題性のある記事は例外

ただし、漫画のレビュー記事が読まれる条件があります。

それは話題性があるかどうかです。

他の映画などのレビューと同じですが、タイムリーなものであるかどうかがPVを稼げる条件になっています。

映画と違って漫画の人気は薄く長くであり、話題性があると言っても難しいかもしれませんが、例として次の記事のPVをみてください。

「DOG ENDレビュー!まさかの打ち切り?★★★☆☆」という記事は他の記事と比べて大きくPVが伸びているのが分かります。
これは紹介している漫画に話題性があったため、大きく伸びる結果となりました。
ちなみに次の記事のことです。
DOG ENDレビュー!まさかの打ち切り?★★★☆☆

簡単にこの記事で紹介しているDOG ENDについて説明すると、DOG ENDはスマホの漫画アプリであるマンガワンで連載していた作品です。

マンガワンでは突然連載していた漫画が打ち切りになるということが頻繁に起こります。
このDOG ENDではもともと休載気味ではあったのですが、バトルの途中で長めの休載となり、次の回に突然最終回と告知され公開されました。

DOG ENDはそこそこ人気のあった作品でバトルの途中で突如最終回が公開された反響は大きく、マンガワンのコメント欄が荒れる結果となりました。

私は漫画の最終回を読んだときに感想を記事にして公開しているのですが、最終回となってから約二日後にこの記事を公開したところ大きくPVが伸びました。

話題性に助けられたという印象です。

突然打ち切りになった漫画以外にも、例えば国民的人気を誇るワンピースのカタクリ戦などを記事にすればPVが稼げたりすると思います。

ただし個人的には漫画の連載を追って逐一感想を書くのは”転載”とみなされたり、時間が経つとPVがガタ落ちしたりするのでおすすめしません。

先ほど紹介したDOG ENDの記事も連載を追わず作品全体としての感想を公開していますが、今ではPVは落ち着いています。

終わりに

今回は漫画のレビュー記事がPVを稼げるのかについてお伝えいたしました。

ブログをどうせやるならしっかりPVを稼ぎたいですよね。

この記事が参考になれば幸いです。

私のブログの収益報告まとめはこちらに書きました。
よろしければご覧ください。
ブログの収益報告

このブログはエックスサーバーとエックスドメインを利用しています。
いずれもサーバーとドメインの中ではブログを運営する上で一番おすすめです。
ぜひ利用を検討してみてください。



エックスドメイン

【お知らせ】
プログラミングのコンサルタントをすることを考えております。
下記の通り、かなり格安でご用意させていただいております。
【格安】プログラミングコンサル生募集(初心者向け、フリーランス志望向け)

詳しくは下記のリンクをご覧ください。
https://chico-shikaku.com/2020/10/programming-consult-2020/

11月くらいを目処に開始予定です。
最初は募集があれば先着5名くらいを目安に考えております。
質問や意見、問い合わせやお申し込みは下記のリンクよりお願いいたします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeTXskmlyPAHuhwiOE9togqJPWdhXYCyRoVnFkkbS0VN0Ftug/viewform?usp=sf_link

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。