「ソードアート・オンライン プログレッシブ1」レビュー★★☆☆☆

2019年5月7日

今回は川原 礫著、abecイラストの「ソードアート・オンライン プログレッシブ1 (電撃文庫) 」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

正直なところ、この「ソードアート・オンライン プログレッシブ1」はそこまで好きでない作品です。

なぜなら、本編との矛盾点が多いからです。
一番の矛盾点はアスナとの出会いですね。
本編では原っぱの上での昼寝のシーンでアスナとキリトが仲良くなっていますが、この「ソードアート・オンライン プログレッシブ1」ではそのようなシーンがありません。
その後も本編ではそこまでアスナと密接な関係ではなかった描写が書かれていましたが、この「ソードアート・オンライン プログレッシブ1」ではがっつりアスナとデスゲームの攻略を続けています。
それに加えて本編では出てこなかったプログレッシブ専用のキャラであるアルゴも出てきます。

なんていうか、同人やSSを読んでいる気分です。
著者がこの話を書きたかったのは分かりますが、矛盾点をできる限りなくして欲しかったですね。

本編との矛盾点が多すぎて、どうしても「ソードアート・オンライン プログレッシブ1」を読んでいてどうしてもテンションが上がり切らなくなってしまいます。
プログレッシブが好きという方が結構いるようですが、私はそこまで楽しめませんでした。

2.終わりに

今回は川原 礫著、abecイラストの「ソードアート・オンライン プログレッシブ1 (電撃文庫) 」を読んだ感想についてご紹介いたしました。

私はそこまで「ソードアート・オンライン プログレッシブ1」を楽しめませんでしたが、好きな人は好きだと思います。
キリトがデスゲームをクリアしていく過程が詳細に書かれていますね。

まぁ結末は知ってしまってはいるんですけどね。
それも私がどうしても「ソードアート・オンライン プログレッシブ」が好きになれない一つです。

やや酷評気味ですが、本編との矛盾に目を瞑ればストーリーとしてまとまっているので、試しに読んでみるのはありかと思います。

今までの巻の感想はこちらです。
よろしければぜひご一読ください。
川原 礫著、abecイラスト「ソードアート・オンライン7 マザーズ・ロザリオ」感想★★★★☆
川原 礫著、abecイラスト「ソードアート・オンライン8 アーリー・アンド・レイト」レビュー★★★★☆
川原 礫著、abecイラスト「ソードアート・オンライン9 アリシゼーション・ビギニング 」レビュー★★★★☆
川原 礫著、abecイラスト「ソードアート・オンライン10 アリシゼーション・ビギニング 」レビュー★★★☆☆
ソードアート・オンライン12巻レビュー★★★☆☆
ソードアート・オンライン13巻レビュー★★☆☆☆

おすすめ度
★★☆☆☆

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。