羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典10(富士見ファンタジア文庫)」感想★★★☆☆

2019年5月7日

今回は羊太郎著、三嶋 くろねイラストの「ロクでなし魔術講師と禁忌教典10(富士見ファンタジア文庫)」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

今までの巻の感想はこちらです。
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (富士見ファンタジア文庫)」感想★★★☆☆
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典2(富士見ファンタジア文庫)」感想★★★★☆
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典3(富士見ファンタジア文庫)」感想★★★☆☆
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典4(富士見ファンタジア文庫)」感想★★★★☆
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典5(富士見ファンタジア文庫)」感想★★★☆☆
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と追想日誌 (ファンタジア文庫) 」感想★★☆☆☆
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典6(富士見ファンタジア文庫)」感想★★★☆☆
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典7(富士見ファンタジア文庫)」感想★★★★☆
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典8(富士見ファンタジア文庫)」感想★★★★☆
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と追想日誌2 (ファンタジア文庫) 」感想★★★☆☆
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典9(富士見ファンタジア文庫)」感想★★★☆☆

最近のロクアカは展開が早いですね。

これはこれでおもしろいのですが、私的には寂しさがあります。

ロクアカの著者はキャラの心理描写が巧いです。
著者はきちんと人生について考えてきたんでしょうかね。
とにかく著者の物事に対する考えの深さがキャラの心理描写に織り込まれています。

個人的にはもっと展開をゆっくりにしてキャラの心理描写を深く掘り下げていってほしいです。
しかし編集者の意向もあるんでしょう。
締め切りも存在します。
著者が自由に書きたいのを書くのはなかなか難しそうです。

2.終わりに

今回は羊太郎著、三嶋 くろねイラストの「ロクでなし魔術講師と禁忌教典10(富士見ファンタジア文庫)」についての書評を書かせていただきました。

近頃作家という職業について考えていますが、本を高いクオリティで書き続けることの難しさを痛感しています。

どうしても執筆という作業にもスランプもありますし、毎日書くことをひねり出すのは本当に難しそうです。

それに人気作家になれば一攫千金も狙えますが、本当に稼いでいる人は一握りです。
多くの方々は作家という安定しない職業に就いているにも関わらず、一般的なサラリーマンと同程度、もしくはそれ以下の額しか稼げません。

確かにいつでも、どこでも働くことはできますが、作家という人生一辺倒を志すのはなかなか覚悟が必要かと思います。

アフィリエイトも同様です。
私はエンジニアとして、WEBライターとして二足の草鞋を履いていますが、アフィリエイトだけに専念するだけの覚悟がありません。

今後もこの生活を続けながら、働き方について模索していこうと思います。

おすすめ度
★★★☆☆

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。