お父さんのための日本一やさしい料理本 (60歳からの入門書) レビュー—–

2019年5月7日

今回は青木 敦子著の「お父さんのための日本一やさしい料理本 (60歳からの入門書) 」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

私が今まで読んだレシピの本はこちらです。
さとうかよこ著「鉱物のお菓子 琥珀糖と洋菓子と鉱物ドリンクのレシピ」感想—–
株式会社大戸屋監修「大戸屋 にっぽんの定食屋さんレシピ」感想—–
有元 葉子著「バランスごはん」レビュー—–
堤 人美著「肉サラダ 1肉1野菜で作る! 主役級!」レビュー—–

図書館にあり、おもしろそうだったので借りてみました。

しかし借りるまで「60歳からの入門書」という文字が見えず、「お父さんのための」という文字にのみつられ、「男でも簡単に作れる料理が紹介されているのかな」と早とちりして借りてしまいました。
その結果、やたらと文字がでかかったり、高齢者を対象としたような文章が少々見受けられ、びっくりしました。

中でも印象に残ったのが、以下の内容です。
仕事を定年退職した男性が家にいるようになると、妻は朝と夜だけでなく昼も夫のために料理を作らなければなりません。
一日一食作るのが増えるだけでも、妻からしたら大きな負担のようです。
そのような負担が積み重なると、熟年離婚にまで至ってしまうケースがあるようです。

それを聞くとなにやら恐ろしいですね。
今のうちに料理ができるようにならないといけません。
熟年離婚とか本当に嫌です。
私が歳をとったら一人で生きていける気がしません。
幸いにも私は料理が嫌いではないため、今のうちに節約もかねて料理に精通しておこうと思います。

この本に紹介されている料理は、本当に簡単なものが多いです。
材料も5種類くらいしか使わなかったりします。
これなら比較的料理に取り組みやすくなりますね。

ところで、この本の著者の青木 敦子さんは料理界隈では有名な方のようです。
青木 敦子さんは栄養士の資格を持っており、イタリアを中心に40回以上渡欧して各地で料理を学んだそうです。
料理を学ぶ上で頭にこの人物を頭に入れておこうと思います。

2.終わりに

今回は青木 敦子著の「お父さんのための日本一やさしい料理本 (60歳からの入門書) 」についての書評を書かせていただきました。

レシピ本のレビューの基準ってなんでしょうか。
未だに悩みます。

ただし、レシピ本を読んでいく中でレシピ本の良し悪しは見えてきました。
相対的な評価をもとに、レビューしていきたいです。

おすすめ度
—–

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

【お知らせ】
プログラミングのコンサルタントをすることを考えております。
下記の通り、かなり格安でご用意させていただいております。
【格安】プログラミングコンサル生募集(初心者向け、フリーランス志望向け)

詳しくは下記のリンクをご覧ください。
https://chico-shikaku.com/2020/10/programming-consult-2020/

11月くらいを目処に開始予定です。
最初は募集があれば先着5名くらいを目安に考えております。
質問や意見、問い合わせやお申し込みは下記のリンクよりお願いいたします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeTXskmlyPAHuhwiOE9togqJPWdhXYCyRoVnFkkbS0VN0Ftug/viewform?usp=sf_link

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






料理

Posted by ちこ