「調味料の基礎知識 (食の教科書シリーズ)」レビュー—–

2019年5月7日

今回は「調味料の基礎知識 (食の教科書シリーズ)」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

「調味料の基礎知識」というタイトルからしてもう少しカチッとした本なのかなと思って読んでみましたが、そんなことはありませんでした。
写真が多用されており、読みやすいと言えば読みやすい本です。
その辺のレシピ本を彷彿とさせます。
まぁ一般大衆向け(特に主婦向け)の本なので当たり前かもしれませんね。

ただし、内容があまりまとまっていない印象を受けました。
これは私が調味料に対して基礎知識がないとか調味料に興味がないという理由ではなく、構成的に内容が頭に入ってきづらいです。

考えてみれば、調味料についての説明の本をまとめるのは難しそうですね。
ここで偉そうにレビューをしていますが、いざ自分が情報についてまとめろと言われても確実にこの本よりもクオリティの低い本が出来上がるでしょう。

この本では、一般の主婦向けの調味料が詳しく書かれています。
私はまだ安さで調味料を選ぶ段階なのであまり有用ではありませんでしたが。
一人暮らしなので余計に調味料を買う機会が少ないですね。

3、4人以上住んでいる方にとっては良い本なのかもしれません。
しかしながらこの本では調味料の表面上の知識しか知れないと思います。
一般の方にとってはそこまで調味料の知識は需要はないと思いますが、もっと深い内容について調べたい方は他の本を利用したりネットで調べた方が良いでしょう。

2.終わりに

今回は「調味料の基礎知識 (食の教科書シリーズ)」についての書評を書かせていただきました。

調味料って一人暮らしだと意外と使い切れなくて腐らせてしまったりしませんか?

私は社会人となった今でも腐らすのにリーチがかかっていますが、大学生の頃はよく調味料を腐らせてしまいました。

一年前の小麦粉とか平気で出てきましたね。
みそは腐らすと結構えぐかったです。

大学生の頃はろくすっぽモチベーションもないくせにレシピに対する情熱はハンパなかったので、レシピ本に学んで大量の種類の調味料を一気に買ってしまいました。

あれってマイナーな調味料はある数種類のレシピにしか使わず、結構腐らせてしまう確率が高いんですよね。
そのレシピの料理を作らなければ特定の調味料は減りません。
一度アレンジとして別の料理にその調味料を加えてみましたがくそまずかったです。
今はそんなことをしないように気を付けたいですね。

おすすめ度
—–

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






料理

Posted by ちこ