羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典6(富士見ファンタジア文庫)」感想★★★☆☆

2019年5月7日

今回は羊太郎著、三嶋 くろねイラストの「ロクでなし魔術講師と禁忌教典6(富士見ファンタジア文庫)」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

今までの巻の感想はこちらです。
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (富士見ファンタジア文庫)」感想★★★☆☆
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典2(富士見ファンタジア文庫)」感想★★★★☆
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典3(富士見ファンタジア文庫)」感想★★★☆☆
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典4(富士見ファンタジア文庫)」感想★★★★☆
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典5(富士見ファンタジア文庫)」感想★★★☆☆
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と追想日誌 (ファンタジア文庫) 」感想★★☆☆☆

最近思うことがあります。
ラノベって同じシリーズを書き続けることでどんどん損をしていくのではないでしょうか。

単純に考えて、前の巻よりも次の巻の方が売り上げが落ちることが圧倒的に多いです。
シリーズを書き続けることによるメリットは何かと言うと、それは世間的認知度が高くなることだと思います。
しかしながら、それはある一定の段階で頭打ちになります。
それを考慮すると同じシリーズを長々と書き続けるよりも適当に切り上げて短いシリーズを次々に生み出した方が稼ぎは良くなりますね。

しかし最近分かったこともあります。
たぶん他の皆さんは私よりもっと早く分かっていたことでしょう。
仕事はお金だけが目的じゃありません。
ある程度稼ぎがあるならば、自分のやりたいことをやるというのが一番な気がします。
死に物狂いで毎日を戦い続け、生活が安定していく中で漸く分かってきました。

シリーズを完結させるタイミングとしては、「書ききった」と自信を持って言えるときなのではないでしょうか。
私自身も文章を書くこのアフィリエイトという仕事を通してなんとなくわかってきました。
楽しく書き続けていればそれが読者にも伝わります。
採算を度外視し、長くなろうとも自身が納得いくまで書き続けることが大切なのですね。

…全然ロクアカの感想言ってないですね、すみません。

2.終わりに

今回は羊太郎著、三嶋 くろねイラストの「ロクでなし魔術講師と禁忌教典6(富士見ファンタジア文庫)」についての書評を書かせていただきました。

これもなんとなく思うことですが、私がもし本を執筆するとしたらロクアカのような風味になる気がします。
ロクアカの著者は私のメンターです。
今はまだ足元にも及ばないですが、このロクアカのような面白いお話が書けるようになりたいですね。

おすすめ度
★★★☆☆

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。