羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (富士見ファンタジア文庫)」感想★★★☆☆

2019年5月7日

今回は羊太郎著、三嶋 くろねイラストの「ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (富士見ファンタジア文庫)」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

アニメに感化されてライトノベルも買ってしまいました。
一部の図書館にしかライトノベルが置いていないのが難点ですね。
私の通っていた大学の近くの図書館にはライトノベルは置いてありましたが、現在よく行く図書館にはほぼライトノベルは置いてありません。(ちなみに私が通っていた大学の近くの図書館には生徒会の一存や化物語が置いてありました。)

立ち読みをしようにも、立ち読み防止のラップが掛けられていて読めません。
よってライトノベルだけは買うしかありません。

私はライトノベルを買う場合はネット経由であったり本屋で買おうとすると少しお高めなのでブックオフでいつも探します。
ブックオフの場合、置いてないことが多々あるので困りますね。
4巻が欲しくてブックオフに行ったのに、3巻と5巻はあるけど4巻だけなかったりするとちょっと萎えます。

アニメからこの「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」を知りましたが、ライトノベルの方も安定の面白さでした。(まだ1巻しか読んでません。)

ライトノベルは一般的にはその名の通り軽く扱われがちですが、中には文学的に価値が高いものが多いと思います。
文学的に価値が高いという観点から個人的に作品を挙げると、「涼宮ハルヒの憂鬱」とか「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」とか「化物語」ですかね。
意外と「ソードアートオンライン」も凝っていたりして純文学に匹敵する完成度だと感じます。
メジャーどころを挙げましたが、もちろん他にも文学的に良い作品が多いと思います。

この中で全巻読んだのは「涼宮ハルヒの憂鬱」くらいです。他の本もせっかくなので全巻読みたいですね。
なかなか時間が取れないですが、うまく時間を捻出していきたいです。

2.終わりに

今回は羊太郎著、三嶋 くろねイラストの「ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (富士見ファンタジア文庫)」についての書評を書かせていただきました。

ライトノベル作家になるつもりはないものの、本を読みまくったりブログを書きまくったりしている身としては本を書けるような文章力を養っていきたいです。

現在はプログラミングをやっていますが、いつかプログラミングをやる能力が衰える日がやってきます。
なんとなく私は他の方より衰えるのが遅い気がしていますが、油断は禁物です。
そんな衰えたときになにをやるのかと言うと、コンサルだったり物を書く仕事をやっていきたいなと思っています。
後で後悔することがないよう、今のうちにやれることはやっていきたいですね。

おすすめ度
★★★☆☆

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

【お知らせ】
プログラミングのコンサルタントをすることを考えております。
下記の通り、かなり格安でご用意させていただいております。
【格安】プログラミングコンサル生募集(初心者向け、フリーランス志望向け)

詳しくは下記のリンクをご覧ください。
https://chico-shikaku.com/2020/10/programming-consult-2020/

11月くらいを目処に開始予定です。
最初は募集があれば先着5名くらいを目安に考えております。
質問や意見、問い合わせやお申し込みは下記のリンクよりお願いいたします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeTXskmlyPAHuhwiOE9togqJPWdhXYCyRoVnFkkbS0VN0Ftug/viewform?usp=sf_link

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。