Vue CLIを使用したAWS EC2 Linux2環境でブラウザからアクセスできないとき

2020年6月22日

今回はハマった経験を元に、Vue CLIを使用したAWS EC2 Linux2環境でブラウザからアクセスできない問題が起きたときの対応方法をご紹介いたします。



Vue CLIを使用したAWS EC2 Linux2環境でブラウザからアクセスできないとき

Vue CLI単体でEC2でサーバーを建ててブラウザからアクセスしようとしたときです。
yarn serve
でサーバーを建ててローカルではうまくいきましたが、EC2上ではnodejsやらVueやらをインストールしてサーバーを建ててブラウザからアクセスしようと試みてもアクセスできない問題が発生しました。

ありがちなミスとして、EC2のセキュリティグループからポートを開けていないことが挙げられますが、カスタムTCPでポートを開けたことを確認してもブラウザから繋がりません。

curlコマンドで試したところ、EC2内で
curl -X GET ‘http://IPアドレス:ポート番号/’
は繋がりますが、EC2から出て
curl -X GET ‘http://IPアドレス:ポート番号/’
をしても繋がりません。

ここで試したIPアドレスは、yarn serveで出てくるログのIPアドレスです。
Vue CLIを使用したAWS EC2 Linux2環境でブラウザからアクセスできないとき

結論から言うと、EC2内のyarn serveで出てくるパブリックIPアドレスで試すのではなく、AWSのEC2のパブリックIPアドレスでアクセスしたらうまくブラウザで表示されました。
なんとも初歩的なことですね。

EC2内のyarn serveで出てくるアドレスはあくまでもローカルIPアドレスであり、EC2の外とは繋がっていないみたいです。

ネットワークの知識の乏しさが露呈してしまったので、ネットワークについてももっと勉強が必要ですね。

終わりに

今回はVue CLIを使用したAWS EC2 Linux2環境でブラウザからアクセスできない問題が起きたときの対応方法をご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






Vue CLI

Posted by ちこ