Vue.js+TypeScriptのscrollBehaviorで「’to’ is defined but never used」…

今回はVue.js+TypeScript環境で「’to’ is defined but never used」「’from’ is defined but never used」「’savedPosition’ is defined but never used 」の三つのwarningが起きたときの対処法についてご紹介いたします。



Vue.js+TypeScriptのscrollBehaviorで「’to’ is defined but never used」…

Vue.js+TypeScript環境で何も設定しない場合は、ページ遷移の場合にスクロールの位置が自動的にトップの位置になりません。
調べると分かりますが、下記のようにindex.tsなどにあるVueRouterの定義にscrollBehaviorを追加してやるとページ遷移したときに自動的にトップの位置に移動されます。

しかし、これをそのまま書くと、
warning ‘to’ is defined but never used @typescript-eslint/no-unused-vars
warning ‘from’ is defined but never used @typescript-eslint/no-unused-vars
warning ‘savedPosition’ is defined but never used @typescript-eslint/no-unused-vars
の三つのwarningが出てしまいます。

解決策は簡単で、下記のように引数をなくしてみましょう。
引数をなくしても問題なく動きます。

ぜひお試しください。

終わりに

今回はVue.js+TypeScript環境で「’to’ is defined but never used」「’from’ is defined but never used」「’savedPosition’ is defined but never used 」の三つのwarningが起きたときの対処法についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






Vue CLI

Posted by ちこ