「モテる飲み方 銀座流 武器としての酒宴マナー 69の作法とたしなみ」レビュー★★★★☆

2019年5月7日

今回は檀 れみ著の「モテる飲み方 銀座流 武器としての酒宴マナー 69の作法とたしなみ (スマートブックス)」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

久しぶりの自己啓発系の本で良書に巡り会えました。
星4つとしていますが、星5つ寄りです。

タイトルに「モテる飲み方」とありますが、異性とのデートに当たってのノウハウではなく、お酒を使ったコミュニケーションに関する本です。
異性との飲みだけでなく、会社の飲み会や同性との飲み会でも役に立ちます。

パッと読んだ印象では、ただ単に文章を羅列する他の自己啓発本とは違います。
独自の文章でありながらとても読みやすく、スラスラ頭に入ってきます。

自己啓発系の本はさらっと読めるのが特徴ですが、この「モテる飲み方 銀座流 武器としての酒宴マナー 69の作法とたしなみ (スマートブックス)」に関してはがっつり読むことをおすすめします。
文量があることもありますが、一つ一つの作法についての情報が質が高いです。
とても丁寧に、最後まで集中を切らさずに本を書き上げてあることが分かると思います。

さすが銀座でホステスをやっていただけありますね。
観察力が鋭く、情報を整理する力がめちゃくちゃにすごいと感じました。
ライターと銀座でホステスの二足の草鞋を穿いていただけあります。
ホステスなど飲み会で集めた情報を文章に落とし込むのが本当にうまいです。
ここまで集中して自己啓発本を読めたのは久しぶりでした。

調べてみると、著者の檀れみさんは他にもいろいろな本をリリースしているようです。
その中では異性に対してのモテ方について書かれている本もあったので、読んでみたいと思います。

2.終わりに

今回は檀 れみ著の「モテる飲み方 銀座流 武器としての酒宴マナー 69の作法とたしなみ (スマートブックス)」についての書評を書かせていただきました。

私は大学時代飲み会を避けてきました。
お金がもったいなく感じ、1度の飲み会で3000円くらい飛ぶのが非常に嫌だったからです。

そのせいで飲み会に対して苦手意識があります。
特に年上の方との喋り方が分からないです。
おっさん相手に何話したら良いのか分かりませんね。

私が飲み会が苦手なせいか、社会人になってから飲み会を通しても誰かと深く仲良くなった覚えがないです。
ラポールが築けていないのでしょうか。
飲み会で深い話をしなきゃ仲良くなれないんでしょうかね。
まぁゆっくり自分のペースで解決策を見つけていこうと思います。

おすすめ度
★★★★☆

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。






自己啓発

Posted by ちこ