「日本一わかりやすいクラウド会計ソフトfreee活用術」レビュー★★★☆☆

2019年5月7日

今回は西宮 鉄二著の「日本一わかりやすいクラウド会計ソフトfreee活用術: ~クラウドんぶり会計のすすめ~ (ビジョナーズ文庫)」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

試しにfreeeを利用してみて、あまりにも訳が分からなすぎたのでfreeeを解説した本を探したところこの「日本一わかりやすいクラウド会計ソフトfreee活用術: ~クラウドんぶり会計のすすめ~ (ビジョナーズ文庫)」を見つけました。
結果としては、freeeを利用する上ではそれほど役に立たなかったです。

前半は何を伝えたいのかまったく分かりませんでした。
後半は非常によくまとまっています。
後半のクオリティを前半も持っていけば良書と言われる部類に入るんじゃないかなと思います。
前半部分があまりにももったいないです。

前半を読んだ印象では、読むのは時間の無駄だなと思います。
前半は後半を引き立てるだけの文章に過ぎません。

読んでて思ったのは、ただのfreeeを紹介する本だということです。
freeeを使った具体的な帳簿付けに関しては、本当に少ししか触れられていません。
よくアフィリエイトで他のページを紹介するものをサテライト記事と呼びますが、この「日本一わかりやすいクラウド会計ソフトfreee活用術: ~クラウドんぶり会計のすすめ~ (ビジョナーズ文庫)」に関してはサテライト記事ならぬサテライト本だと感じました。
内容としてはそこまでのものを感じないです。

Amazonのレビューも評価数は少ないですがちょっと荒れ気味ですね。
他の方々もfreeeを紹介するだけの本だと述べています。

前半はともかく、後半は非常にまとまっていたと感じたので星3つとさせていただきました。
前半を読むだけなら星1つです。

2.終わりに

今回は西宮 鉄二著の「日本一わかりやすいクラウド会計ソフトfreee活用術: ~クラウドんぶり会計のすすめ~ (ビジョナーズ文庫)」についての書評を書かせていただきました。

今まで税金や節税の本を大量に読んできましたが、freeeを活用する上ではそこまで知識が役に立たないなと感じました。
freeeではfreeeなりの知識が必要です。
例えば経理について既に熟知していて帳簿の付け方が分かっていたとしても、freeeを利用する上ではまた新たに帳簿の付け方を学ぶ必要があります。

既に確定申告の準備に入っていますが、早めに準備に入れて本当によかったなと感じました。
これを3月とかギリギリになってやると思うとゾッとします。
みなさんも言わずもがな確定申告の準備をするなら早いほうが良いでしょう。

おすすめ度
★★★☆☆

フリーランスなど個人事業主の方は税管理が大変ですよね。
そんな時は会計ソフトを使うのが一番です。
私はfreeeという会計ソフトを使っています。
税についての知識は乏しいですが、freeeのおかげで無事確定申告を完了することができました。
freeeを使うことで一番節税ができる青色申告での確定申告もできてしまいます。
freeeはこちらから登録できるので、確定申告に不安がある方はぜひ登録してみてください。
【人事労務freee】

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






税管理

Posted by ちこ