観光英語検定3級の難易度や勉強法は?

2019年6月25日

英語の資格には英検やTOEICなどいろいろありますが、観光英語検定というものがあるようです。

観光英語検定は国際人としての英語力を身につけることを目的とし、観光の分野において外国人を相手にしたコミュニケーションなどの運用能力を計る試験です。
観光英検の難易度は3級、2級、1級の三種類あります。

今回はその中で一番難易度が低い3級についてご紹介いたします。



1.観光英語検定3級とは?

観光英語検定3級に合格するためには約3000語の語彙力が必要であり、基本的な文法・構文(高等学校中等学年程度の学習内容)の理解が必要となります。

観光英語検定はその名の通り観光に対する問題が出題されます。
よって純粋な英語力だけでなく観光地について知識がある方が有利と言っていいでしょう。
むしろ3級程度なら英語力が高ければ問題ないかもしれませんが、2級、1級に関しては観光地について知っておかなければ合格できないのではないでしょうか。
他のサイトの合格体験記を見てみましたが、合格している方々は英語だけでなく観光地の勉強もしていたようです。

ちなみに観光英語検定は1級と2級、2と3級の併願が可能です。

受験料
3800円

試験時間
筆記:60分
リスニング:30分

合格基準
60%(との噂)

合格発表日
約1ヶ月半後

2.観光英語検定3級の難易度は?

観光英語検定3級の合格率は50パーセントとなっています。

資格試験で合格率が50パーセントとなると、勉強すれば受かる難易度ですね。

公式サイトには観光英語検定3級はTOEIC220〜470点、英検3級程度の難易度と書いてあります。
TOEICで換算しているのは大変ありがたいことですが、点数に開きがあるのは気になりますね。

観光英語検定3級の文法は高等学校中等学年程度ですから、英語が得意な方にとっては勉強すれば受かる難易度と言っても良いかもしれません。
ただし資格試験はいかに過去問などで対策したかによって合格できる確率が変わってくるので、慢心せずしっかり勉強して受験に臨むようにしましょう。

3.観光英語検定3級の勉強方法は?

資格試験の勉強は過去問に取り組むのは一番です。
公式サイトで各回の過去問と解説書を税込価格1850円で購入が可能です。

しかしたった一回で1850円は高いですね。
観光英語検定は過去問3回分が収録されている本があります。
「観光英検3級の過去問題+解答と解説 第23回~25回 CD付」

こちらは3回分が収録されていますが、各回を片っ端から取り寄せるよりもいくらか割安ですね。

さらに観光英語検定3級の対策としてこちらの「観光英語検定試験 問題と解説 3級 (CD付)」も用意されています。

こちらの「観光英語検定試験 問題と解説 3級 (CD付)」を使って実際に合格されているかたが多数いるようですね。

それに観光英語検定3級専用の単語集もあるようです。

私的にはこの3冊がおすすめです。

4.終わりに

今回は観光英語検定3級の概要についてご紹介いたしました。

対策や難易度について書いていますが、英語の資格試験はなんといっても地の英語力が大切です。
今回ご紹介した参考書は観光英語検定の合格を手助けする言わば小手先のテクニックであり、純粋な英語力を上げた方が圧倒的に合格率が高まると思います。

もちろん参考書をやることも大事です。
参考書や過去問をやらないと資格試験はほぼ受からないですからね。

しかしそれよりも大切なのは純粋な英語力です。
純粋な英語力を鍛えて英語の資格試験に臨みましょう。

観光英語検定のその他の級に関してはこちらの記事にまとめましたのでぜひご一読ください。
観光英語検定の種類や難易度は?

※ご紹介している参考書、問題集のバージョンは執筆当時のものです。
新しいバージョンの参考書、問題集が発行されていないか今一度Amazon等でご確認ください。

私が今までに取得した資格の一覧はこちらになります。
取得済資格一覧

私がおすすめする勉強法はこちらでご紹介してます。
おすすめ勉強法ベスト3

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。






語学

Posted by ちこ