英単語検定3級の難易度や勉強法は?

2019年7月3日

英単語力を図る英単語検定という資格があります。

試験内容はマークシート方式で、選択肢の中から正しい英単語の意味や問題文に適している答えを選ぶ試験です。

英単語検定には子供英単語検定、5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級の8種類あります。

今回は英単語検定の中で中学校卒業レベルの難易度である英単語検定3級の難易度や勉強法についてご紹介いたします。



1.英単語検定3級とは?

英単語検定3級とは?

英単語検定3級は中学校高学年レベルを対象としています。
語彙数でいうと約1200語ですね。
今のところ1級難易度が上がる度に必要とされる語彙が400語ずつ増えています。

問題はマークシート方式で4つの選択肢から一つを選びます。
マークシート方式なんで幾分か答えやすいですね。

単語は反復練習がとても大切です。
受験を決めたら過去問を繰り返し練習して合格に向けて勉強を積んでいきましょう。

試験日
公式サイトを参照(年三回程度)

出願時期
受験日の約2か月前~受験の約1か月前

受験料
一般:4500円(税込み)
団体:2500円(税込み)

試験時間
35分

問題数
100問

合格基準
80%程度(正級と準級どちらも同じ割合)

合格発表日
各検定日の約半月後

2.英単語検定3級の難易度は?

英単語検定では合格率が公開されています。

英単語検定3級の合格率は54パーセントです。
この辺から勉強したかどうかで合否が大きく分かれる合格率になってくると思います。

合格率が約半分なので勉強しなければ落ちる水準でしょう。
逆にきちんと正しい努力をして勉強すれば受かる水準であると言えます。

公式サイトにサンプル問題が掲載されているので公式サイトに行って難易度も確認するのも良いと思います。

やっぱり資格試験は過去問を繰り返し勉強することが大切だと思います。

3.英単語検定3級の勉強方法は?

英単語検定では過去問題集が公開されております。

英単語検定3級の勉強に関してはこちらの「英単語検定 [単検] 公式問題集 3級」をやっておけば問題ないでしょう。

繰り返しになりますが、合格率が約50パーセントということは勉強しなければ不合格になる可能性がかなり高まる試験です。
自分は英語が得意だからと言って慢心せず、きちんと過去問を取り組むようにしましょう。

合格できるはずの試験に落ちてしまえばそれまでの勉強時間が無駄になるどころか、精神的にも落ち込むことになります。
試験に臨むからにはしっかり合格をさらっていきたいですね。

4.終わりに

今回は英単語検定3級の難易度や勉強法についてご紹介いたしました。

英単語検定3級から明確に難しくなっています。

資格は過去問の取り組みが大切です。
過去問を繰り返し取り組んで合格できる確率を高めていきましょう。

英単語検定の種類や難易度についてはこちらにまとめました。
英単語検定の種類や難易度は?

※ご紹介している参考書、問題集のバージョンは執筆当時のものです。
新しいバージョンの参考書、問題集が発行されていないか今一度Amazon等でご確認ください。

私が今までに取得した資格の一覧はこちらになります。
取得済資格一覧

私がおすすめする勉強法はこちらでご紹介してます。
おすすめ勉強法ベスト3

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。






語学

Posted by ちこ