日本語ボキャブラリーテストを受けてみた結果!

2019年1月26日

今回は私が日本語ボキャブラリーテストを受けた結果についてお伝えいたします。

不肖私めはブログにて物書きの仕事をしております。
本業はエンジニアでありますが。

物書きの仕事として必需品となってくるのがボキャブラリーです。
そんな中、この日本語ボキャブラリーテストというのを見つけました。
日本語ボキャブラリーテスト

アフィリエイトとしての仕事以外にも私は普段本を読んでいるので語彙力はあって然るべきですね。

アフィリエイターとして、読書家としてプライドをかけて、この日本語ボキャブラリーテストを受験してみました。



日本語ボキャブラリーテストの結果は?

いきなり結果を書きます。

結果は34500点でした。

画像には上位0.39パーセントと書かれていますが本当ですかね。
明らかにそこまで私にはボキャブラリーがあるようには思えます。
日本人だけではなく海外の方とかも含めているのではないでしょうか。

メッセージとしても大げさに「夏目漱石レベルです!」と書かれています。
さすがに夏目漱石レベルではありませんね。

それに「新しい言葉を辞書に追加できるかも?」というメッセージも見受けられます。
語彙力がある=新しい言葉を辞書に追加できるという方程式が成り立つのでしょうか。
語彙力関係なく、影響力がある人物が単語を作ってこそ、新しい言葉が辞書に追加できるんでしょうかね。

本当にこんなに語彙力があるの?

メッセージとしては「上位」と書かれていますが、本当にここまで私に語彙力があるのかどうかネットで調べてみました。
すると余裕で35000を超えている方が多数いますね。

この日本語ボキャブラリーテストは何回も受験することができ、まったく同じ問題が出るのでいくらでも改竄はできます。
しかしながら私は理系出身で昔は本をそこまで読んでいなかったので上位0.39パーセントに匹敵する語彙があるようには思えません。
よって日本語ボキャブラリーテストで高得点をとったとしても、あまりあてにしないほうが良さそうです。

終わりに

今回は日本語ボキャブラリーテストを受験してみた結果についてご紹介いたしました。

どうでもいいですけどアフィリエイターの視点としては、問題を掲載するごとの広告を貼れるのでアドセンスに有利そうですね。
しかし広告のクリック率は低そうです。
みんなテストに夢中になりますし。

私も資格試験のブログとして、問題をブログに掲載するという選択肢も作れそうですね。
問題作るのは相当めんどくさそうですけど。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。