二宮敦人著、鉄雄イラスト「郵便配達人 花木瞳子が望み見る」レビュー★★★★☆

2019年5月7日

今回は二宮敦人著、鉄雄イラストの「郵便配達人 花木瞳子が望み見る」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

「郵便配達人 花木瞳子が望み見る」は4巻となります。
タイトルが変わっている続編は時系列が分かりづらいですね。

1巻と2巻と3巻についてはそれぞれこちらで紹介しております。
二宮敦人著、鉄雄イラスト「郵便配達人 花木瞳子が盗み見る (TO文庫) 」レビュー★★★☆☆
二宮敦人著、鉄雄イラスト「郵便配達人 花木瞳子が仰ぎ見る」レビュー★★★★☆
二宮敦人著、鉄雄イラスト「郵便配達人 花木瞳子が顧り見る」レビュー★★★☆☆

今回は3巻のようにホラー要素はほぼなく、ミステリー要素が強いです。
トリックだったり、なぜ手紙が燃やされるのかについては最後の方で明かされます。

特記事項としては、名言が多いことでしょうか。
今回の「郵便配達人 花木瞳子が望み見る」については、ご年配の方がよく登場します。
年の功と言うべきか、ご年配の方が様々な名言を残します。
「人生がうまくいかないように見えても、その人の価値観によって幸せが決まる」ようなニュアンスのこととかその辺の名言がありましたね。
下手な自己啓発本より役に立つのではないでしょうか。

小説家は哲学を重ねているせいか、力強い言葉を生み出せる能力がありますね。
二宮敦人さんに関しては常々人生について深く考え、それを文章にするのがうまいなと考えていましたが、この「郵便配達人 花木瞳子が望み見る」ではそれが強く表れています。

花木瞳子シリーズでは表紙がライトノベルっぽさがあり、内容も若干ライトノベルに寄っていますが、小説として純粋に楽しめます。
1巻はちょっとライトノベル要素が強い気がしますが、2巻以降はそれも薄れています。

花木瞳子シリーズに限らず、二宮敦人さんの作品は最後のどんでん返しが魅力的な作品が多いので、ぜひ気になった方は読んでみてください。

2.終わりに

今回は二宮敦人著、鉄雄イラストの「郵便配達人 花木瞳子が望み見る」についての書評を書かせていただきました。

このサイトも大分記事が増えてきましたね。

私はサイトを開設した際、目標としていた人物がいます。
この「郵便配達人 花木瞳子が望み見る」についてのレビューの記事で、その目標としていた人物の当時の記事数に追いつきました。
まだまだその目標としていた人物のPVや収益には及びませんけど。

この調子でその目標としている人物のPVや収益に達せれるように、このサイトをどんどん拡大していきたいところです。

おすすめ度
★★★★☆

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。






小説

Posted by ちこ