オドレイ・トトゥ主演、ジャン=ピエール・ジュネ監督「アメリ」レビュー★★★☆☆

2019年4月7日

今回はオドレイ・トトゥ、マチュー・カソヴィッツ主演、ジャン=ピエール・ジュネ監督の「アメリ」を観た感想についてご紹介いたします。



1.所感

映画界隈の中で何かと名前が挙がるのがこの「アメリ」です。
恋愛というジャンルでは、かなり有名な作品ですよね。

初めてアメリを知ったのは「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」です。
ちょろっとアメリについて出てきました。

作家はかなりの映画作品を知っているイメージです。
ライトノベル作家も例外ではないですね。
本好きの方は映画も好きだという話をよく聞きます。
やっぱり過去の名作はチェックしておくべきですよね。

そんな思いでいたところ、ちょうどnetflixでこの作品を見つけました。
観てみた感想としては、最初は正直苦痛でしたね。
つまらないという意味で。

ネットでアメリの評判を調べてみましたが、どうやらかなり好き嫌いが分かれる作品のようです。
悪いレビューを拾うと、「ただ気持ち悪い女が気持ち悪いことをしている映画」だとか。
前半を観た感じでは、正直納得してしまいました。

途中嫌いな人の合鍵を作って部屋に乗り込むシーンはぞっとしましたね。
金品を盗んだり荒らしまわるわけではなく、さりげなく人が嫌がったり気に留めたりするところにいたずらを仕掛けるのを見て寒気がしました。
こういった女性がいかにもやりそうなことであり、男である私には理解の範疇を超えていました。

しかし、後半を観てみると別の意味で楽しめました。
「次はアメリはどんなことをやらかすのだろう」とドキドキしながら観ていましたね。
おそらく楽しみ方としては間違っていると思います。

アメリが名作と言われるわけは、ラストにあると思います。
具体的にどう終わったのかはここでは伏せたいと思いますが、印象的かつすっきりする終わり方でした。
アメリという作品は嫌いな方は嫌いだと思いますが、我慢して最後まで観てほしいと思います。
総合的に観て、おすすめ度は★3つです。

2.終わりに

今回はオドレイ・トトゥ、マチュー・カソヴィッツ主演、ジャン=ピエール・ジュネ監督の「アメリ」を観た感想についてご紹介いたしました。

netflixやfuluで観ると映画が途中で中断できるのが良いですね。
一気に映画を全部観ようとするとだれたり時間がかなりかかってしまうことになります。
2時間ぶっ続けで見続けるのがつらいです。

映画がスマホで見放題で観れるなんて、便利な世の中になってきましたね。

おすすめ度
★★★☆☆

映画を観るなら映画の見放題サービスがおすすめです。
月額金額を払うだけで映画が好きなだけ観れちゃいます。
最初の数週間は無料ですのでぜひ体験してみてください。
【Hulu】今すぐ会員登録はこちら

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






洋画

Posted by ちこ