二宮敦人著、鉄雄イラスト「郵便配達人 花木瞳子が盗み見る (TO文庫) 」レビュー★★★☆☆

2019年5月7日

今回は二宮敦人著、鉄雄イラストの「郵便配達人 花木瞳子が盗み見る (TO文庫) 」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

この「郵便配達人 花木瞳子が盗み見る」という小説はホラーサスペンスに分類されています。
ホラーサスペンスなんてジャンルがあるのを初めて知りました。
最近ではいろいろなジャンルがありますね。

なぜこの「郵便配達人 花木瞳子が盗み見る」を読んだかというと、以前二宮敦人さんの「占い処・陽仙堂の統計科学 (角川文庫) 」を読んでおもしろい記憶があったからです。
「統計科学」とタイトルに入っているところが理系の私には惹かれましたね。

さて本の感想ですが、前半ははっきり言ってつまらなかったです。
軽く斜め読みして展開だけ知ろうと思いました。
実際にやりました。

最初読んだときはこの「郵便配達人 花木瞳子が盗み見る」がホラーサスペンスに分類されることを知りませんでした。
読み進めていった所感としては、不思議系で詩的な小説なのかと思いましたね。

しかし実際に殺人事件が起き始めたところからは様相が変わり、一気にホラーサスペンスにふさわしい展開となりました。
特に全体の分量の残り4分の3あたりからは怒涛の展開が続き、小説内に引き込まれましたね。

一番良いと思ったのは犯人の手紙を通した心理描写です。
どことなくリアリティがあり、犯人の狂気がにじみ出る文章でした。
読んでいてぞっとしましたね。
ホラー映画の一番怖い場面を見ているときのようです。

まとめると、前半はつまらなく後半はめっちゃおもしろい小説です。
前半もおもしろければ名作と言われたのではないでしょうか。

前半が良ければ「ビブリア古書堂の事件手帖」の座も狙えたのではないでしょうか。
前半が良ければドラマ化とかになってもおかしくありません。
これをドラマにするのは難しそうですが。

2.終わりに

今回は二宮敦人著、鉄雄イラストの「郵便配達人 花木瞳子が盗み見る (TO文庫) 」についての書評を書かせていただきました。

「ビブリア古書堂の事件手帖」も最近読んでませんね。
調べたところ、2017年に最新刊が出ていたようです。
2017年に最新刊が出ていたことすら知りませんでした。

小説についてはいろいろな本を追っていますが、すべてをカバーする時間と気力がありません。
完全に社会人として忙殺されています。
今の忙しさを気に入ってはいますが。

仕事の合間に時間を見つけて読んでいきたいですね。

おすすめ度
★★★☆☆

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

【お知らせ】
プログラミングのコンサルタントをすることを考えております。
下記の通り、かなり格安でご用意させていただいております。
【格安】プログラミングコンサル生募集(初心者向け、フリーランス志望向け)

詳しくは下記のリンクをご覧ください。
https://chico-shikaku.com/2020/10/programming-consult-2020/

11月くらいを目処に開始予定です。
最初は募集があれば先着5名くらいを目安に考えております。
質問や意見、問い合わせやお申し込みは下記のリンクよりお願いいたします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeTXskmlyPAHuhwiOE9togqJPWdhXYCyRoVnFkkbS0VN0Ftug/viewform?usp=sf_link

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






小説

Posted by ちこ