羊太郎著「ロクでなし魔術講師と追想日誌 (ファンタジア文庫) 」感想★★☆☆☆

2019年5月7日

今回は羊太郎著、三嶋 くろねイラストの「ロクでなし魔術講師と追想日誌 (ファンタジア文庫) 」を読んだ感想についてご紹介いたします。




1.所感

本編のみならず、サイドストーリーにも手を出してしまいました。
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (富士見ファンタジア文庫)」感想★★★☆☆
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典2(富士見ファンタジア文庫)」感想★★★★☆
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典3(富士見ファンタジア文庫)」感想★★★☆☆
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典4(富士見ファンタジア文庫)」感想★★★★☆
羊太郎著「ロクでなし魔術講師と禁忌教典5(富士見ファンタジア文庫)」感想★★★☆☆

背表紙のあらすじ紹介と、最初の数ページのカラーの挿絵から、「あれ?なんかロクアカっぽくないな?」と薄い本を手にした時の感覚に陥りましたが、読み進めてみて安心しました。

グレンはグレン、システィーナはシスティーナ、ルミアはルミアでしたね。よかったです。
今までのキャラが崩れていません。

小説を書くときの立場を考えて思いましたが、サイドストーリーは時系列が難しいんじゃないかと思っています。
時系列によってキャラ同士の仲の良さや、現状分かっていることが違います。
相当頭を使うでしょう。今まで書いた内容を読み返す作業も必要かと思います。

ライトノベルはドラマガで短編を連載していたりします。
連載という形態も難しそうです。
締め切りに間に合わせるために頭を絞り出さなければいけません。
しかも著者のコメントを見てみると、仕事をしながら副業としてライトノベルを書いているっぽいです。
その忙しさは計り知れないです。
状況によっては役者のように睡眠時間3、4時間で日々を乗り切らなければならないのではないでしょうか。

私は実は副業で文章を書く仕事を目指しています。
文章という形態ではなくとも、何かしらアプリなどの自分で作ったもの、自分にしかできないものを作りたいです。

本を読んだり様々な経験を重ねて、アウトプットで自分が提供できるものが枯渇しないように勉強を続けていきたいです。

2.終わりに

今回は羊太郎著、三嶋 くろねイラストの「ロクでなし魔術講師と追想日誌 (ファンタジア文庫) 」についての書評を書かせていただきました。

小説を書いている方のコメントを見てみたりすると、よく「頭の中のキャラが勝手に動く」と表現している方がいます。
最近その感覚が分かってきました。

私は小説を書いているわけでもなく架空のキャラクターを動かしているわけではありませんが、日々自分ならどう動くか、自分ならどう動きたいかを考えて行動しています。
この理不尽な世の中で身に着けた私の処世術です。
結構汎用性が高いのでおすすめです。
もし「自分ならどう動くか、自分ならどう動きたいか」が分からなければ、尊敬している人を思い浮かべて「あの人だったらどう動くか、あの人ならどう動きたいか」を考えて行動してみてはいかがでしょうか。

おすすめ度
★★☆☆☆

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。