神岡 真司著「売れすぎて中毒になる 営業の心理学」読んだ感想★★☆☆☆

2019年5月7日

今回は神岡 真司著の「売れすぎて中毒になる 営業の心理学」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

営業についてのハウツー本は数多くありますが、この本を読んだ感想としては、よくある営業についてのハウツー本に書いてあること以上の知識は得られないというのが正直な印象です。

営業の本は、畑違いの分野に関わらず相当数の本を読んできましたが、どれも同じようなことが書かれていましたね。
どの本も心理学の専門用語を使い、心理学を利用したテクニックをそれっぽく営業に活かしたような方法が述べられています。

そもそもの私の疑問としては、こういった心理学を使ったテクニックは本当に役に立つのでしょうか。
私は社会人になったばかりに知らない電話番号から電話がかかってきて不動産についての話をされましたが、「あ、この人○○の本に書いてあった心理テクニックをそのまま使ってる」と冷めた印象を抱いてしまいました。
なんかそういった小手先のテクニックが筒抜けだとまず冷めますよね。
契約する気になりません。

恋愛においてもそのような傾向があるのではないでしょうか。
今まで興味があったとしても、相手がテクニックを使っているのが分かると途端に冷めてしまいます。

私は技術職ですが、営業職は本当に大変だと思います。
私の性格的に、結構自分勝手なところがあるので人間関係のストレスはあまり溜まらないですが、営業職は技術職と違って正解を見つけづらいです。

私の考えですが、営業についてはいくつかの方法を試して統計をとるしかないと思っています。
営業は自分が正解の手順を踏めているかどうかが分かりづらいのが嫌ですね。
自分に合った方法を試していたとしても、営業ですから、お客様によっては失敗することが起こり得ます。
その失敗を見て、自分に合っているはずの方法を変えてまた別の方法を試してしまうかもしれません。
文章が下手すぎてうまく伝わらないかもしれませんが、営業においては試行錯誤が重視されるきらいがあると考えています。

まぁ技術職にも営業的な要素はありますけどね。
このアフィリエイトも技術があればできますが、ほぼ営業みたいな性質があります。
社会人として自分の苦手分野はどんどん消していきたいです。

2.終わりに

今回は神岡 真司著の「売れすぎて中毒になる 営業の心理学」についての書評を書かせていただきました。

結局のところ、営業について重要なのは自分に自信があるかどうかだと思います。
なよなよしている方からわざわざ商品を買いたくないですよね。
本当に重要なのは、小手先のテクニックではなく自信を持って商品を紹介できるかどうかです。

私は自分に自信がないのが致命的な弱点です。
足掻きまくって何らかの成功を残し、それを裏付けて自分に自信をつけていこうと思っております。

おすすめ度
★★☆☆☆

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。






自己啓発

Posted by ちこ