横浜中華街にあるヨコハマおもしろ水族館に行ってきた感想

今回は横浜の中華街にあるヨコハマおもしろ水族館に行ってきた感想についてご紹介いたします。



横浜中華街にあるヨコハマおもしろ水族館に行ってきた感想

仕事が忙しくてどこか遠くの自然が感じられる場所に行きたくなり、ヨコハマおもしろ水族館に行ってきました。
なぜヨコハマおもしろ水族館をチョイスしたかというと、Googleマップで適当に調べて適当に目についたからです。

ヨコハマおもしろ水族館は横浜の中華街にあるのですね。
行くまで分かりませんでした。

横浜の中華街なんて久しぶりに行きました。
三年ぶりくらいではないでしょうか。
横浜中華街にあるヨコハマおもしろ水族館に行ってきた感想

施設の名前に「おもしろ」とついていますが、なぜおもしろとついているかは事前に調べるか行ってみると分かります。
ヨコハマおもしろ水族館では一般的な水族館とは異なり、海洋生物をできるだけ「おもしろく」展示しています。

例えば、コーナーごとに「擬態している魚」だったりとか「毒を持っているしている魚」などと何かコンセプトをつけて展示していたり、寿司のネタになる魚のみを集めた水槽などもあります。
とにかくおもしろく魚を見せるということに焦点を当てた、ユニークな水族館です。
良い意味で中国っぽいですね。

展示のユニークさも良かったですが、やたらと目つきの悪い魚が居ておもしろかったです。
写真を撮ったのですがよく見たら自分が反射していたのでここで載せるのは控えておきます。

中でも一番印象に残ったのはクリオネです。
小学校とかの国語の教科書に出てくるイメージが強いクリオネですが、実際に見たのはこれが初でした。
今までいろいろ水族館に行きましたが、クリオネを展示していた覚えはありません。
写真を撮ったのですが非常にクリオネが分かりづらいです。
クリオネが小さすぎてピントが合わなかったのでかなりボケてしまいました。

水族館だけあって、入場料は大人1500円と正直やや高めです。
しかし他ではなかなか見られないユニークな水族館であるため、行ってみる価値は十二分にあると思います。

余談ですが、帰りは中華街でご飯を食べました。
中華街で食べる中華料理はマジでうまいですね。
中華料理は美味しいと言われていますが、本格的な中華料理を食べるごとにその意味が感じられます。

「世界チャンピオンの肉まん」の肉まんを食べましたが、かなりおいしかったです。
かなりおいしかったのでメモ書きもかねてここに残します。

終わりに

今回は横浜の中華街にあるヨコハマおもしろ水族館に行ってきた感想についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。