Macでexeファイルを起動できるEasy wineは無料から有料になった

今回はMacでexeファイルを起動できるEasy wineは無料から有料になったということについてお話ししていきます。



Macでexeファイルを起動できるEasy wineは無料から有料になった

Macでexeファイルを起動できるEasy wineは無料から有料化になった

Macでexeファイルを起動できるEasy wineは無料から有料になりました。
pixiv BOOTHから有料化したEasy wineがダウンロードできます。
下記のリンクがそれです。
https://hirubokari.booth.pm/items/1669411

有料化した経緯はEasy wineの作者のブログで公開されています。
https://mattintosh.hatenablog.com/entry/20191023/1571823413

内容を要約すると、バージョンアップごとEasy wineが使えなくなることで問い合わせが増えたりして無料じゃやってられねーよってことですね。
2020年1月時点でMacにおいて最新バージョンであるmacOS Catalinaではまだ使えません。
Easy wineの元となった本家のWineがまだバージョンアップに未対応である事が原因です。

無料でバージョンアップの対応をしなければならないというのは中々骨が折れます。
アプリケーションが広まるにつれて問い合わせも増えてくるので精神的負担も増えますね。

それらを考えると今回の有償化は至極妥当と言えるでしょう。
素晴らしいアプリケーションを作った人は何らかの形でもっとお金を徴収するべきだと思います。

終わりに

今回はMacでexeファイルを起動できるEasy wineは無料から有料になったということについてお話しいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






IT技術

Posted by ちこ