稼げなくてもブログをやり続ける価値はあるのか

ブログで稼ごうとサイトを立ち上げたものの、思っていたよりも全然稼げないことにやきもきしている方も多いのではないでしょうか。

今回はたとえ稼げなくても、ブログをやり続ける価値はあるのかということについてお話ししていきます。



稼げなくてもブログをやり続ける価値はあるのか

まず初めに言わなければならないこととしては、ブログは本当に稼げません。

私はアフィリエイトを開始してからもうすぐ2年が経ちますが月5000円がせいぜいです。
本業は別にあり副業としてアフィリエイトをやっていますが、それでも労力と成果が釣り合ってないと言わざるを得ません。
今まで1日1記事以上のペースで記事を量産し続けています。

サーバー代やドメイン代などのコストをペイするためにも半年かかりました。
最初の半年はお金を払って、時間も費やして一体何をやっているんだろうと感じていましたね。

大事なのは別のことに価値を置くこと

ブログを続ける上で大事だと思ったのは、お金を稼ぐこととは別のことに価値を置くことです。
これは人によって違うと思います。

私がブログを続ける上で精神的な支えになったのは、
・文章力が鍛えられる
・世の中に何かを残せる
という点でした。

一つ目の文章力が鍛えられるという点はきちんと考えて、時間を費やしていけば文章力がめきめきついてくることを実感していました。
文章力がつけばブログの記事自体の質が高まりますし、本業にも良い影響を及ぼしてきます。

そして何より価値を感じたの「世の中に何かを残せる」という点です。
世の中の大部分の仕事は言ってしまえば誰にでもできる仕事です。
もちろんある程度の専門性が必要な職業もありますが、逆に言えばある程度の専門性があるなら誰でもできてしまう職業が多いですね。

そんな中、誰にでもできない仕事、仕事をしていて最もやりがいを感じられる仕事がクリエイターとしての仕事だと思っています。
絵や文章、芸術作品を創ることは誰でもできない仕事と言い換えることができますね。

そういう意味では、ブログというのは一見誰でもできてしまうように思えますが、オリジナリティを発揮できるものです。
誰でもできるという普遍性でありながら、同じ内容にならないという特殊性を秘めています。

この特殊性こそがブログを続ける上でのやりがいであり、精神的な支えになると感じました。

ブログを書く上で何に重きを置くかは人それぞれです。

しかしながら、たとえ稼げなくてもブログの記事を書くことは書いている人の独創性を発揮でき、その独創性を発揮できるということに対してもう少し価値を感じても良いのではと思います。

終わりに

今回は稼げなくてもブログを書き続ける価値があるのかについてお伝えいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。