本業をやりながらなぜ1日1記事以上書けるのか

このサイトは設立からもうすぐ1年9ヶ月が経とうとしております。

現在のこのサイトの記事数は727記事です。
1年365日をかける2すると730記事ですね。

つまり概算して1日1記事以上書いている計算になります。
私は本業としてエンジニアの仕事をしています。
内容はSESで客先常駐なため、サラリーマンと忙しさはほぼ変わらないです。

現在はフリーランスですがフリーランスになってから1年4ヶ月以上経っており、空白期間なしで毎月仕事をしています。
それでもなおペースとしては1日1記事以上書いています。

今回はなぜ本業をしながら副業としてブログを1日1記事以上のペースで公開できるのかについてお話ししたいと思います。



記事を書く癖がついているから

よくブログを続けるためのノウハウとして、毎日記事を書く癖をつけろというのがありますね。

サイトの設立当初は少ないPVを気にせずがむしゃらに記事を書いていたおかげで今はブログを書く癖がついています。
休日ごろごろしていたらいつの間にかパソコンに向かっていていつの間にか記事を書き終えていたという具合です。

記事を書かなければ何となく気持ち悪いです。
私は仕事が嫌いではないので、仕事としてブログを書いている時間が苦痛ではありません。
何か生産的なことをしているという感覚が気持ち良いですね。

よって最初は苦痛に感じていたとしても日々続けていけばランナーズハイと言われるようにブログを書くのが楽しくなってきます。

大企業を蹴って独立という道を選んだから

こちらは私の個人的な感情です。

具体的に大企業から内定をもらってそれを蹴ったというわけではありませんが、私は就活で大企業を受けませんでした。(大学院入試に落ちて大企業を受けるチャンスがなかったというのが正しいですが)
東大大学院情報理工学部電気電子学科不合格体験記

1年留年したり研究生として在籍したりして大企業を目指すという道もありましたが、そこまでして大企業に行きたいとは考えていませんでした。
元から独立志向が強かったです。

しかし私の周りでは大企業に行く方が大半で、社会的地位に関して言えば私はそれほどの地位を獲得しているとは思えません。
私は独立という道を選んだ以上、それなりに稼がなければ、またはそれなりの仕事をし続けなければ大げさにいうと人間としての価値が保てないのです。

常に私は自分に向かって「独立した以上稼がなければ存在価値がない」と言い聞かせています。
つまり稼ぐための手段としてブログを書き続けなければ私は私として価値を保てなくなってしまうのです。

動機としてはあまり良くないですが、人間追い込まれたり悔しさ、怒りと言った感情が一番効果を発揮することがあります。
他の方にはおすすめしませんが、稼ぎたいという思いがあるからこそブログを書き続けることができるのです。

ただ、ブログを書いてはいるものの今のところ稼ぎに直結しているとは思えません。
PVは他の同じ記事のボリュームを持っているサイトに比べて相当低いです。

今後は戦略を立ててきっちりとPVを稼いでいきたいですね。

終わりに

今回は私がなぜ本業をやりながら1日1記事以上書けるのかについてお伝えいたしました。

稼ぎたいと考えている方はブログに限らずそれぞれに合った手段があると思います。
稼ぎたいという思いを大切にして、自分に合った形態で上を目指していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。