バイト体験談!パン工場のバイト編!我々の大学ではイニシエーションの仕事!

2019年5月1日

私のバイト体験談を次々ご紹介していくコーナーです。
今回はパン工場のバイトの体験談についてご紹介いたします。



1.どんなバイト?作業内容は?

パン工場でのバイトです。
日によって、習熟度によって作業内容が変わっていくので、一概にどういう作業内容なのかは言えることはできません。

私はケーキの下に敷く紙をベルトコンベヤー上にひたすら乗せる仕事をしていました。

私のいた大学では非常に有名なバイトですね。
よく春の時期やゴールデンウイーク時にこのパン工場のバイトを紹介するチラシが配られていたりします。
私と同じ大学の場合は「あぁ、あのバイトだな」と検討がつくと思います。
私の大学では、冗談で「パン工場のバイトをしなければ○○生ではない」と言われるほどです。

2.所感

私の大学ではポピュラーなバイトではありますが、私は非常に金に困っているとき以外はもう二度とやりたくないバイトです。

工場の仕事ですから、やる内容としては単純作業です。
同じ作業を8時間くらいずっと行います。

なぜか時給はいいですが、私は一回限りで終わってしまいました。
同じバイトを経験した友達に感想を聞いてみたところ、友達ももう二度とやりたくないと言っていましたね。

ただし、私の周りの一部では定期的にやっている方もいました。
単純作業であるおかげで、何も考えなくて済むようです。

しかも時給も良いですし、夜勤もあります。
4日も働けば5万くらいは稼げるそうですね。
4日で5万と聞くとバイトとしては割の良い仕事のように思えますが、実際はあり得ないほど辛そうです。
少なくとも私には無理でしょう。

ちなみに私の周りの大学の近くにある他の大学の方もバイトをやっています。
私も他の大学の方と一緒になったりしましたね。
同じようにチラシに乗っている時給に釣られてやってきていました。

意外と同年代の友達ができるバイトのようです。
私は二度とやりたくはないですが。

3.終わりに

今回はパン工場のバイトの体験談についてご紹介いたしました。

私はフリーランスとして今のところ生きながらえてはいますが、いつ食っていけなくなるかは分からないですね。
一応フリーランスになってから派遣のバイトに登録はしています。

いざとなったらどんな手を使ってでも、どんなに泥臭くとも食っていくつもりです。
いつでもどんな仕事をやっている自分も許せるように、覚悟は決めております。

肉体的な辛さ:★★★★☆
精神的な辛さ:★★★★☆
給料:★★★☆☆

私が今までに経験したバイトはこちらです。
経験したバイト一覧

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。