SCC出版局編集「改訂 基礎から学ぶLinux (SCC Books (B-312)) 」レビュー★☆☆☆☆

2019年5月7日

今回はSCC出版局編集の「改訂 基礎から学ぶLinux (SCC Books (B-312)) 」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

私はJavaなどの開発には自信があるのですが、Linuxの扱いについては苦手意識があります。

苦手意識というより、単純にLinuxの経験が浅いんですよね。
cdやchmodなど簡単なLinuxコマンドなら経験があるのですが、デプロイなどの踏み込んだLinuxコマンドは発行したことがありません。
デプロイなどをやってみたいのですが、私の現在のキャリアではなかなかやらせてくれませんね。
今回はそんなLinuxに対する苦手意識を克服するためにこの本に手を出しました。

読んだ感想としては、マニュアルを連想させられました。
淡々とLinuxの歴史からコマンドまで説明されており、読んでいて正直退屈でしたね。
このようなマニュアルのような完成度なら、ネットで落ちている情報で十分です。
Wikipediaを読んでいるような気持ちになりました。

やっぱりLinuxの歴史からコマンドまで淡々と読んでいても頭に入ってきませんね。
実際に手を動かさないと覚えません。

ついでに言うと、実戦形式でLinuxコマンドについて手順を説明してくれればありがたいのですが、この本にはそれもありません。
まるで資格試験の本です。
ちょっとした演習がありますが、座学の域を出ませんでした。

そういえばLinuxの資格試験もありましたね。
いずれは挑戦してみたいです。
今は目の前のことを処理するのに忙しすぎですが。

2.終わりに

今回はSCC出版局編集の「改訂 基礎から学ぶLinux (SCC Books (B-312)) 」についての書評を書かせていただきました。

最近ではIT系の本を積極的に読んでいますが、ひどく疲れますね。
そろそろ小説などを読んで小休止を入れていきたいところです。

なんだか専門書ばかり読んでいると文章力が衰えてくるように思えるのは気のせいでしょうか。
ここ最近小説をあまり読んでいますが、今までと比べてなかなか文章が浮かんで来ないです。

それに専門書ばかり読んでいても、一向にITの技術力が上がった気がしませんね。
まぁ実戦で試してないので当たり前です。
なんかお金が絡んだりしないとやる気が起きないんですよね。
Rubyでなにかしらのサイトを作りたいと思っていますが、後回しになっています。
環境構築して簡単な掲示板を作成したところで止まっていますね。

このままではいずれITフリーランスとして落ちぶれるかもしれません。
経験を積んで、なんとか生き残っていきたいところです。

おすすめ度
★☆☆☆☆

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






IT

Posted by ちこ