「フリーランス&“複”業で働く! 完全ガイド (日経ムック)」レビュー★★★★☆

2019年5月7日

今回は一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会監修の「フリーランス&“複”業で働く! 完全ガイド (日経ムック)」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

タイトルを見た限りでは社会人の副業の種類とあらかたのやり方について紹介されている本なのかなと思って中を確認してみましたが、そんなことありませんでした。
結構本格的でしたね。
本としての完成度も高いです。
「月収100万円」だったりとかそういう本を読み飽きていたので、こういったガチの意味での副業についての本は新鮮でした。

中を見てちょっとうれしかったことは、私が今やっているITフリーランスについても紹介されていたところです。
ITのフリーランスって結構認知されているんですね。
営業だったりとそういったものが一般的だと勝手に考えていましたが、ITフリーランスの認知度を知るきっかけとなりました。

やっぱりこの本にも載っていましたが、フリーランスの人口は年々増えているそうです。
今は会社に所属せず、個人で稼ぐ時代だと思っています。

ただし、中にはフリーランスではなく会社員の方が向いている方もいます。
この「フリーランス&“複”業で働く! 完全ガイド」にも載っていましたね。
基本的に自分から動くよりも指示をもらう方が好きな方がフリーランスではなく会社員が向いているそうです。

私の持論では、フリーランスとして生きていける条件として「自分を自分で肯定できる人である」ということがあると感じています。
要するに、根拠のない自信を持っていることですね。

私も度重なる理不尽の中で、強靭なメンタルを身に着けてきました。
そのおかげで、大抵のトラブルが起きても正しく対処できるという根拠のない自信が生まれています。
私なんかはフリーランスに向いている典型的な例ですね。
社会人一年目という早い段階でフリーランスになってよかったなと常々感じています。

2.終わりに

今回は一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会監修の「フリーランス&“複”業で働く! 完全ガイド (日経ムック)」についての書評を書かせていただきました。

そういえば、営業のフリーランスってすごいですよね。
年収1000万円どころか、年収2000万、3000万と常識では考えられないような額を稼いでいます。

その分安定しないのでしょうか。
私はそうは思えません。
たとえ一時的に稼ぐ額が下がったとしても、基礎的な力は身に着いているのですぐに年収を取り戻すのではないかと思っております。

営業において最重要なのは強靭なメンタルです。
私もエンジニアという仕事の傍ら、強靭なメンタルを身に着けたいですね。

おすすめ度
★★★★☆

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






自己啓発

Posted by ちこ