後藤 聡志著「3万円から始める“身の丈”不動産投資」レビュー★★☆☆☆

2019年5月7日

今回は後藤 聡志著の「3万円から始める“身の丈”不動産投資」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

不動産投資って儲けれるんですかね。
あまり儲けれるイメージはありません。

一昔前は不動産を買っておけという風潮がありましたが、最近では人口そのものが減っていっているので不動産で儲けれるイメージが消えつつあります。

マンションが建っていく一方で人口が減っていますからね。
明らかに供給過剰です。
建物は老朽化がある上に維持にも金がかかるため、不動産投資はとんだじゃじゃ馬ですね。

反対に、そういう意味ではFXや株などは安定性はあります。
少なくとも不動産のように消費期限はありません。
維持にも金はかからないです。

この本を読んでも、「不動産よりFXや株のが良い」という私の考えは変わりませんでした。
この本では不動産投資についての知識が丁寧に説明されています。

印象深かったのはレモンとももの話です。
不動産はブラックな印象ががありますが、それは不良物件を紹介していたりするからです。

不動産の価値には主に、外側はよく見えるけど中身は悪い「レモン」型と外側はよく見えて中身も良い「もも」型があるそうですね。
よくある電話営業で不動産を押し売りするのはレモンが多いそうです。
もも型の不動産に関しては、不動産の情報誌に載せておけば目利きのある方々が勝手に買っていくため、放っとくだけで売れるそうです。

私も社会人二年目に差し掛かったころに、よくわからない番号から電話がかかってきて不動産をいきなり紹介されたことがあります。
あれは怖かったですね。
ちょうどエレベーターに乗るところだったので思わず話の途中で電話を切ってしまいましたが。

ところで本の中身についてですが、後半は有益な情報が載っています。
前半はよくわからない自己啓発本っぽいYESNOクエスチョンがあって斜め読みしてしまいました。
斜め読みでほぼ頭には入っていませんでしたが、そこまで良い情報は書かれていなかった気がします。

個人的には不動産投資はおすすめできませんが、不動産投資について知識を深めたい方は本書が良いのではないでしょうか。

2.終わりに

今回は後藤 聡志著の「3万円から始める“身の丈”不動産投資」についての書評を書かせていただきました。

今は奨学金を返すのに手いっぱいですが、余裕ができたら投資を始めてみたいですね。
とりあえず投資を始めるとしたら株をやりたいです。
今のうちに株の知識を身に着けておきたいですね。

おすすめ度
★★☆☆☆

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






不動産

Posted by ちこ