勉強時間を半分に!?資格勉強と速読の関係とは?

2019年4月11日

どうせ資格勉強するなら皆さん少ない勉強時間で合格したいですよね?

今回は速読を実践して勉強時間を短縮する方法を紹介します。



1.資格勉強と速読の関係とは?

資格勉強では参考書や問題を読む時間が必然的にものすごく長くなります。

問題を処理する時間を除いたとして、もし2倍の速さで読む技術を身に着けることができたら単純計算で勉強時間が2分の1になります。

つまり、1日2時間勉強して1年で合格できる資格が、1日2時間勉強して半年で合格できるのです。

勉強時間が短くなればその分自由時間も増えますし、「俺勉強時間こんだけなのに試験合格したわ~」と友達に自慢することができます。

2.速読の身に着け方

結論から言わせていただきます。
小手先のテクニックだけで読む時間が短くなることはありません。

少なくとも私はそう感じました。

巷では速読を実践するためのテクニックが溢れかえっています。

しかし、速読のテクニックを実践することによって、確かに読む時間は速くなりますがその分理解力が低下します。

これは資格勉強において致命的です。

では、どうすれば速読を身に着けることができるのでしょうか?

3.速読を身に着けるためには本を読みまくるしかない!

速読を身に着けるのに近道はありません。

根性論になってしまいますが、とにかく本を読みまくれば自然と読む時間が短くなります。

英語の文章や難しい専門書を読むときって、普通の文章を読むよりも長く時間がかかってしまいますよね?

それは単に特有の単語や文章に慣れておらず、頭の中で単語の意味を思い出したり文章を読み返したりしないと文字を追っても意味を理解できないからです。

つまり、読書量を増やしてどんな単語や文章が出てきても対応できる読解力を身に着ければ、読む時間を短縮することができます。

4.終わりに

速読に対しこのような結論になってしまいました。

しかし、即効性のある速読のテクニックが役に立つこともあります。

それは、試験範囲全体をなんとなく大雑把に理解したり、試験本番で余裕を持って試験時間内に解答を終わらせたい時です。

全体を速読で繰り返し何度も読むことによってだんだん理解を深めていく勉強法もありますし、試験本番で問題文の要点だけ掴んで早く解答に移りたい時は、即効性のあるテクニックは大いに役に立ちます。

ただし、前述した通り、内容を正確に理解したいのであれば、早く読むためだけのテクニックはおすすめできません。

本はなんでもいいですから、どんどん読書を重ねて読解力を磨いていきましょう。

私がおすすめする勉強法ランキングベスト3をこちらに書きました。
よろしければぜひお読みください。
おすすめ勉強法ベスト3

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。