「筋トレは必ず人生を成功に導く 運命すらも捻じ曲げるマッチョ社長の筋肉哲学」★★★☆☆

2019年5月7日

今回はTestosterone著、福島 モンタイラストの「筋トレは必ず人生を成功に導く 運命すらも捻じ曲げるマッチョ社長の筋肉哲学」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

筋トレや運動をすることによって鬱になりにくいという話を聞いたことがあります。

私も毎日10分ほどですが筋トレしています。
10分と聞くと大した量ではありませんが、筋トレのおかげかストレスのせいで体調が悪くなることはあれど、ストレスで精神を病むことはありません。
もちろん一時的に精神的に参ってしまうことはありますが、時間が経つと雲散霧消してくれます。

この本で印象に残ったのは、一日で筋トレがメインで他の時間は暇つぶしと捉えた方が良いという内容です。
筋トレがメインですから、日々の仕事はただの暇つぶしであり、おまけとなります。

私も一時期はアフィリエイトに燃えていて、アフィリエイトがメインで本業はおまけと考えていた時期がありました。
本業の仕事が終わり、帰ってから「さて本番だ」と家でもパソコンをいじくっていたのが記憶に新しいです。

確かに不思議とあのときはやる気に満ち溢れていて、日々の記事の投稿作業をまったく苦に感じていませんでした。
しかしその日々のルーティンは出張で地方に飛ばされ、本業が忙しくなって残業が増えてしまったので崩れてしまいました。

今はもうそのような考えを再度身に着けられるほどの気力が消えてしまいました。
歳ですかね。

私は高校時代にバスケをやっており、本当にきつくて血を吐くような努力をしてきました。
今考えればあれは若いから耐えられたことでしたね。
今もう一度繰り返せと言われたらやる気が起きません。
運動で精神的にも健康に保てるといいますが、今あの血を吐くようなバスケの練習をしたら精神を病みそうです。
大人になるって嫌ですね。

2.終わりに

今回はTestosterone著、福島 モンタイラストの「筋トレは必ず人生を成功に導く 運命すらも捻じ曲げるマッチョ社長の筋肉哲学」についての書評を書かせていただきました。

社会人になってから他の方々に話を聞いてみると、ジムに行っていたり格闘技を社会人になって始めたという話をよく聞きます。
確かに社会人になると運動する機会がめっきり減りますよね。
私の場合自主的に運動しなければ、まず身体を動かすことなんてほぼありません。
キーボードを叩くために指を動かすくらいです。

最近では運動をするために社会人サークルに入ることも検討しています。
そろそろ定期的に運動する機会を作っていきたいですね。

おすすめ度
★★★☆☆

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。






自己啓発

Posted by ちこ