Djangoでopenpyxlのload_workbookで相対パスを指定する方法

今回はDjangoでopenpyxlのload_workbookの関数で相対パスを指定する方法についてご紹介いたします。



Djangoでopenpyxlのload_workbookで相対パスを指定する方法

結論を言うと、Django上でopenpyxlのload_workbookで相対パスを指定する方法はありません。
少なくとも私が調査した結果では見つかりませんでした。

しかし、下記のようにos.path.joinを使ってsettings.BASE_DIRとExcelファイルが置いてあるパスをくっつけることで、load_workbookで特定のExcelファイルをOpenすることができます。

参考になれば幸いです。

終わりに

今回はDjangoでopenpyxlのload_workbookの関数で相対パスを指定する方法についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






Django

Posted by ちこ