Vuetifyで条件分岐を行う方法

今回はVuetifyで条件分岐を行う方法についてご紹介いたします。



Vuetifyで条件分岐を行う方法

VuetifyはVue.jsやNuxt.jsのCSSフレームワークとなりますが、Vuetifyの条件分岐もVue.jsなどの場合と変わりません。v-ifやv-else、v-else-ifを利用します。

例えば、次のようなソースコードならtestModelがtrueならば「testModelがtrue」という文字列がv-cardとして、testModelがfalseならば「testModelがfalse」という文字列がv-cardとして現れます。

終わりに

今回はVuetifyで条件分岐を行う方法についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






Veutify

Posted by ちこ