ビジネスで使われる「温度感」の言い換え表現は?

今回はビジネスで使われる「温度感」の言い換え表現についてご紹介いたします。

ビジネスでよく「温度感が高い」などという表現が使われるので、その言い換え表現をリスト化してみます。



ビジネスで使われる「温度感」の言い換え表現は?

ビジネスで使われる「温度感」の言い換え表現は?

「温度感が高い」の意味は下記でご紹介しております。
温度感の意味とは?

一般的に「温度感」という単語を使った表現は、「温度感が高い」としか言われません。
「温度感が低い」という言葉はあまり聞いたことがありませんね。

主に「温度感が高い」というのは次の言い換え表現ができると思います。
・確度が高い
・優先順位が高い
・期待度が強い

確度が高い

「温度感が高い」という言葉は「確度が高い」と言い換えることが可能です。

「会社Aはこの案件に対する温度感が高い」
という内容であれば、
「会社Aはこの案件に対する確度が高い」
と言い換えることが可能です。

「確度が高い」という意味は、「商品の注文やサービスの発注をしてくれる確率が高い」という意味です。

優先順位が高い

「温度感が高い」という言葉は「優先順位が高い」という意味にもなります。

「この不具合を直すことに対して社長の温度感が高い」
という文であれば、
「この不具合を直すことに対して社長の優先順位が高い」
と言い直すことができます。

期待度が強い

「先方のこの機能の追加に対して温度感が高い」
という文があったとします。

であれば、
「先方のこの機能の追加に対して期待度が強い」
と言い直すことが可能です。

私はエンジニアとして働いていますが、全部エンジニア関係の例文になってしまった気がします。

終わりに

今回はビジネスで使われる「温度感」の言い換え表現についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






ビジネス

Posted by ちこ