ビジネスにおける「ボールを持つ」という言葉の意味とは?

2021年11月20日

今回はビジネスにおける「ボールを持つ」という言葉の意味についてご紹介いたします。



ビジネスにおける「ボールを持つ」という言葉の意味とは?

ビジネスにおける「ボールを持つ」という言葉の意味とは?

結論から言うと、ビジネスにおける「ボールを持つ」とは、「やらなければならないことがある」や「誰かに連携しなければならないことがある」といった意味になります。

例えば、自分がちょっとした作業を上司に振られていて、それをやって終わったことを上司に報告しなければならないとして、「自分が今ボールを持っている状態だから、与えられた作業をやって上司にボールを渡し返さなければならない」といった言い方をします。

いちいち「今〇〇の作業があるから、〇〇の作業をやらなければならない」などといった状態を、「今自分がボールを持っている状態」と〇〇という言葉を入れることなく簡潔に表現することができるので、結構便利な言葉です。

野球やサッカーのボールを作業に見立てた言葉というわけですね。

終わりに

今回はビジネスにおける「ボールを持つ」という言葉の意味についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






言葉の意味

Posted by ちこ