皇居ランならぬ皇居ウォーキングをしてきた感想

今回は皇居ランではなく皇居ウォーキングをしてきた感想について書きたいと思います。



皇居ランならぬ皇居ウォーキングをしてきた感想

一度やってみたくて皇居の周りを歩いてきました。

皇居と言えば皇居ランですが、ランニングができるような服を切らしていたのと、正月はほとんど運動らしい運動をせず、いきなり激しい運動をするとぶっ倒れそうだったので皇居ウォーキングにしました。

皇居ランは一般的ですが、皇居ウォーキングは全然一般的ではないようです。

私が行ったときは皇居ランを楽しんでいる方たちはかなり多くいましたが、皇居ウォーキングに勤しんでいる方は私しかいませんでした。(もしかしたらペース的に皇居ウォーキングをしている方がいたとしても、私が歩いていて追いついてないだけで必然的に私が認知できていなかっただけかもしれません。)

皇居ウォーキングは夕方の時間帯に出発し、ウォーキングの途中ではかなり暗くなっていました。
私は基本的に昼よりも夕方から夜に出かけるのが好きなのですが、皇居ウォーキングに関しては夕方から夜にかけての出発はあまり良くなかった気がします。
辺りが暗くなってくると、都心にも関わらず皇居の周りはかなり暗いです。
人通りも皇居ランをしている方を除いてはかなり少なく、危険性もあります。
皇居ウォーキングに行くなら昼の時間帯に行くのが無難でしょう。

皇居ウォーキングでは国会議事堂や有楽町の高層ビルなど、皇居ウォーキングならではの風景が味わえます。
信号待ちが一切ないというのが皇居の外周を歩くことの魅力ですが、意外と緑が多く風景を楽しめるため非常に歩き甲斐がありましたね。
皇居ランならぬ皇居ウォーキングしてきた感想

皇居の入り口(?)には公園のような広々としたスペースがあります。
東京のど真ん中にこんなにも広々としたスペースがあったのですね。
飛行機とかが着陸できそうです。

正確に時間を測っていないですが、皇居を一周するのに約1時間ほどかかりました。
1時間歩くと聞くと長く感じられるかもしれませんが、満身創痍になるほどではなくちょうど良いきつさです。
運動不足の解消にはちょうど良いくらいですね。
正月ほぼ引きこもっていた私にとってはちょうど良いきつさでした。

家でもパソコンばかりいじっていますが、体力の低下によってパソコンの前に座れる時間が短くなった気がします。
今回の皇居ウォーキングのような運動不足解消のための外出を取り入れてこれから体力を元に戻す努力をしていきたいと思います。

終わりに

今回は皇居ランではなく皇居ウォーキングしてきた感想について書きました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。