フリーランス一年間を通しての総括

もうフリーランスになってから1年半以上経っていますが、そういえばフリーランスになってから感じたことなどをまとめてないなということに気づいたので今更ながら記事にしたいと思います。

フリーランスになってから1年間の総括です。



フリーランス一年を通しての総括

フリーランス一年を通しての総括

私は一応正社員の経験があります。
正社員だった期間は1年も満たないですが。
すでに正社員だった期間よりもフリーランスの期間の方が追い越していますね。

主に正社員と比べてフリーランスはどうかについてフォーカスを当てていきます。

フリーランスのメリット

フリーランスになって主に感じたメリットをまとめると次の3つです。

・余計な気遣いがなくなる
・収入が増える
・やりたいことができる

これら3つをまとめると、要するに仕事に対するストレスが減ったということになります。

余計な気遣いがなくなる

私はSESとして各案件にアサインしています。

正社員になるとこれから先関わる人に下手すると定年まで一緒になる可能性があります。
また、各企業に派遣しても何か問題を起こせば自分の会社に迷惑がかかることになりますから、人間関係は慎重にならなければなりません。

しかしフリーランスの場合は良くも悪くも自己責任です。
何か問題を起こしても所属している会社に迷惑がかかるわけではなく、自分に迷惑がかかります。

フリーランスになることで、仕事に対する人間関係を形成する上で会社に迷惑をかけたくないという変なプレッシャーから逃れることができます。

収入が増える

これはフリーランスになるメリットとして有名ですよね。

実際に正社員からフリーランスになることで年収が2倍近くに増えました。

年金や退職金などを差し引いたとしても、全体的に手元に残る金額は1.5倍以上にはなっているかと思います。

社会的な体裁を気にせず、とにかく稼ぎたいならフリーランスになることをおすすめします。

やりたいことができる

会社員だと大抵の場合は自分のやりたいことができず、自分が所属している会社の意向に従わなければいけないですよね。

しかし、フリーランスになることでその縛りがなくなりました。

もちろん自分のやりたいことで稼ぐことは難しいかもしれませんが、ある程度計画が立っているのであれば挑戦してみる価値は十分にあると思います。

特にITの分野は独立しやすい分野です。

自分から主体的に行動することで、奴隷のような気持ちから解放されることができます。

逆にフリーランスになることによるデメリットは?

正直な私の印象としては、フリーランスになることによる目立ったデメリットは見つかりません。

強いていうならどこにも所属していないという孤独感でしょうか。

しかしながら、個人的にはそこまで気になりません。

別にどこにも所属していないというストレスは家族を養うなり社会人サークルに所属するなどして解消することができると思います。

あとはフリーランスになったら確定申告などをしなければなりませんが、面倒と思う人は面倒だと思います。
自分は特に気になりませんでした。(むしろちょっと楽しいです)

終わりに

今回は私のフリーランスとしての1年間の総括を垂れ流しました。

ただ、最近自分の目標を達成してきてしまってどこか空虚感を感じています。

モチベーションを上げるためにも自分の次なる目標を探していきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。