隅田川の花火大会に男一人で行った感想

今回は隅田川の花火大会に男一人で行った感想について書きたいと思います。



隅田川の花火大会に男一人で行った感想

隅田川の花火大会に男一人で行ってきました!
前回の予告通りです。
隅田公園に散歩にいってきた

男一人で花火大会に行くのはいかがなものかと思うかもしれませんが、意外と快適です。
旅行のように行きたいときに行きたいところに行けますし、食べたいものがあれば食べたいときに食べれます。
まぁ私のように一人で出歩いている人はほぼ見かけませんでしたが。

かといって一人であるならば一人ならではの立ち回りが必要です。
花火大会の会場のところには長蛇の列があり、男一人で長蛇の列に並ぶのは忍びなかったので浅草寺方面から花火を眺めることにしました。

写真は雷門近くの通りです。
遠くにはスカイツリーがそびえ立っていますね。
隅田川の花火大会に男一人で行った感想

花火大会の会場近くはどこもかしこも人、人、人です。
浅草寺方面にももちろん人がたくさんでした。

写真は浅草寺です。
浅草寺なんて久しぶりに行きました。

時間帯としては6時過ぎくらいに会場に行きました。
花火大会が始まるのは7時前くらい(?)です。
花火が始まる前に移動を済ませました。

浅草寺方面に行くと、ネットで調べた通り屋台が並んでいます。
やっぱり花火と行ったら屋台ですね。

屋台に向かっている途中では焼きそばの気分だったのですが、移動で疲れたせいで甘いものが食べたくなりました。

目をつけたのはチョコバナナです。
見るとチョコバナナの屋台には女性かカップルしか並んでいません。

チョコバナナを食べたい気分だったのと懐かしさに浸りたかったので周りからの目を気にせず並ぶことにしました。

こちらが戦利品のチョコバナナです。
精神的苦痛と引き換えに手に入れたチョコバナナはおいしかったですね。
思ったより甘くなかったですが。
そう言えば祭りのチョコバナナはこんな感じでした。

続いて目についたのは鮎の塩焼きです。
牛串とか豚焼きとか気になった屋台があったのですが、どうしても鮎の塩焼きが食べたくなってしまいました。

ちなみに私の地元では鮎の塩焼きが有名です。
バーベキューみたいなノリで河川敷で鮎の塩焼きを食べた覚えがあります。
鮎の塩焼きの屋台を見てから思い出の品をどうしても食べたくなってしまいました。

鮎の塩焼きの屋台に並んでいるうちに花火が上がっていました。
もともと花火の音は聞こえていたのですが、浅草寺方面からは花火をまったく見ることができなかったです。
しかし時間が経ったことによって位置が変わったのか花火の高さが変わったのか浅草寺方面から花火が見れるようになりました。
写真あるあるですが携帯からの写真では花火がよく写りませんね。
よく写った花火が見たい方はプロのカメラマンのブログをおすすめします。笑

なんと鮎の塩焼きの屋台は40分くらい並びました。
焼くのに時間がかかるのでしょうか。。
並んでいる方々もじれったそうにしていたのが印象的です。

並んでから40分後、ついに鮎の塩焼きを購入。
食べると地元を思い出しますね。
子供の頃河川敷で鮎の塩焼きを食べたのが懐かしいです。

花火も見れて、屋台の食べ物も食べれたので満足しながら家路につきました。
家路についている間に花火も終了。
係員も慌ただしく交通規制を外しにかかっていました。

男一人ながらも、思い出に浸れる良い花火大会でした。

終わりに

今回は男一人で花火大会に行った感想について書きました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。