冬に山手線を徒歩で一周しようとしたけど半分でリタイアした

私は3月ごろに山手線を徒歩で一周しようとしましたが、半分とちょっと歩いたところでリタイアしました。

今回は山手線を徒歩で歩いた経緯や今後の課題について書きたいと思います。



山手線を徒歩で歩こうと思った経緯

なぜ山手線を徒歩で歩こうと思ったかというと、話のネタになると思ったからです。

これ以外に山手線を徒歩で歩く理由はありません。

他に山手線を徒歩で歩いた方がいないかどうかネットで調べたところ、何人か同じようなことをやっていました。
何番煎じか分かりませんが、自分はまだ山手線を徒歩で歩くことがどれだけ辛いか分からなかったのでやってみたかったです。

あとはせっかく東京に住んでいるので東京という場でおもしろいことをしたかったという思いもあります。

実際にやってみてどうだったか

恐ろしいほどキツかったです。
結構なめてましたね。

私は朝9時か10時くらいにに山手線の秋葉原駅を出発し、内回りに周っていきました。
リタイアしたのは恵比寿駅だったのですが、恵比寿駅についた頃には午後3時半くらいだったと思います。

秋葉原駅から恵比寿駅まで内回りだと山手線全体の半分とちょっとであり、秋葉原駅から恵比寿駅まで約6時間かかっているので10時間か11時間ペースですね。
ネットの情報によると大体9時間〜12時間で完歩できるそうです。

リタイアの敗因と今後の課題

リタイアの敗因と今後の課題について書いていきます。

家で仕事ばかりしていたせいで運動不足だった

私はエンジニアの仕事をしていましたが、当時は普段の業務で体を動かさないだけでなく、家でもパソコンばかりいじっていました。

運動らしい運動と言えば申し訳程度の筋トレしかしていません。

普段運動不足だったせいで、秋葉原駅から大塚駅くらいまで来たところで腰痛と足の痛みが半端なかったです。

寒かった

山手線を徒歩で一周しようとした時期は3月の上旬です。
3月の上旬というと寒さのピークは過ぎていたものの、寒さはまだ残る季節ですね。

記憶は曖昧でしたが、当日は最高気温が一桁の時だったと思います。

マラソンでは寒い方がタイムが出るらしいですが、走るほど体を動かさず歩くだけだったので寒さが身にしみていました。
寒さというのはかなりストレスを感じます。
山手線を徒歩で一周するには9時間〜12時間かかるらしいですが、短くとも9時間は外で寒さと戦わなくてはいけません。

当たり前のことですが、山手線を徒歩で一周する場合は春や秋など過ごしやすい季節に挑戦することをおすすめします。

孤独感が半端なかった

実際に山手線を徒歩で一周する前には考えもしなかったハードルがこの孤独感というものでした。

山手線を徒歩で一周したところで生産的なことは何もありません。
仕事でもなんでもないですし、完全に自己満足なだけです。

山手線を徒歩で一周するためには9時間〜12時間必要です。
その長い時間歩き続けるためのモチベーションを保ち続けるというのが非常に難しいのです。

山手線は都会のど真ん中です。
都会のど真ん中、人ごみの中で山手線沿いを歩いていると「自分は一体何をやっているんだろう」と自問自答を繰り返すことになります。
やってみると分かりますがこれが非常にきついのです。

私が挑戦したのは3月の上旬ということもあり、寒さのストレスと無駄に歩き続けることのストレス、足や腰の痛みというストレスと戦い続けなくてはなりませんでした。
これが本当にきつかったです。

しかも山手線を徒歩で一周するのはいつでもやめることができます。
いつでも山手線の各駅に行って帰ることができますね。
山手線はアクセスが最上位と言っても良いのでどこからでも比較的簡単に帰ることができます。

山手線を一周歩き続けるという行為は非常にタフな精神が必要です。
私にはその精神力が足りませんでした。

いつかまた精神的に鍛えられたらリベンジしたいです。

終わりに

今回は山手線を徒歩で一周しようとした経験についてお話しいたしました。

結構たくさんの方が山手線を徒歩で一周にチャレンジしているので、ネットで調べるとかなりの情報が出てきます。
モチベーションがふつふつと湧き上がってきた方はぜひ試してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。






体験記

Posted by ちこ