私がABCクッキングを退会した理由

私は以前ABCクッキングに入会したことがありますが、コースで契約したものの(全12回)たった3回くらいで辞めてしまいました。

今回は私がABCクッキングを退会した理由について書きたいと思います。

ちなみに私は男性です。



退会理由1:料金が高い

私が一番気になってたかつ、一番退会の決め手になった理由です。

ABCクッキングだけではないですが、料理教室はとにかく料金が高いです。
1回あたり5000円程度はするのではないでしょうか。

確かに料理の体系的な知識は学べますが、2時間で5000程度というのはやはり高すぎます。

それにすでに料理の実力がそこそこある方が料理の講習を受けても学べることは少ないです。

ある程度知識をつけたら次は自分でいろいろ模索した方がお財布にも優しいですし、自分のやりたい練習ができるかと思います。

コースを退会するには違約金などを支払わなければなりませんが、行かなかった分は帰ってくるので私の場合は損切りとしてABCクッキングを解約してしまいました。

退会理由2:行くのがめんどくさい

都内を中心にABCクッキングのスタジオが多いですね。
他の料理教室にないABCクッキングの強みの一つですが、ABCクッキングはスタジオが多く、自宅の近くにABCクッキングがあるという方が多いかもしれません。

ただし、私の場合いくら自宅の近くにABCクッキングがあっても行くのがめんどくさいと思ってしまいました。

私の家からABCクッキングまでそれほど遠くはないのですが、行く回数が重なるにつれて行くのがめんどくさくなってしまいました。
ABCクッキングに行くためにはエプロンなども用意しなければいけません。

エプロンの準備からスタジオまでの交通費と通う時間を考えると、少しばかりめんどくさく感じてしまうことが多いと思います。
予約にも時間がかかりますし。

料金が高いことだけでなく、通勤時間などの拘束時間があるというのもABCクッキングに通い続けるための一つのハードルだと感じました。

退会理由3:マナー講師の要素が存在する

一時期マナー講師の行いが槍玉に挙げられましたね。

発端は徳利の注ぎ方です。
マナー講師が「徳利は注ぎ口を使ってはいけない」と提唱し、それに対して「嘘マナーだ」という批判が集まりました。

正直に言ってABCクッキングで講師が教えることの中に、そのマナー講師のような性質を持つ要素があるのかなと感じました。

例えば米の研ぎ方です。

ABCクッキングでは米を
・奥側からすくい寄せる
・手のひらでギュッと押すように研ぐ
というのを提唱しています。

しかしネットで米の研ぎ方について調べてみると、「手のひらでギュッと押すように研ぐ」のはやってはいけないことで、正しくは「ボールを握るような手つきでシャカシャカとボウルの中をかきまわすように研ぐ」という説を提唱している方もいるようです。

私はどちらが正しいのかは分かりませんが、ぶっちゃけどっちでもいいと思います。
どちらもそれほど変わりません。
研ぎ方よりもお米の炊き時間などもっと重要なことがあると思います。

ABCクッキングの講習でも、マナー講師が言うように一見正しそうなことを言い、いかにも正解はこれだという教え方をすることがあります。

私はその正解はいくつもあるのに(というより本質的には結果にそれほど影響しないのに)いかにも正解はこれだという言い方をするのがちょっと苦手だなと感じました。

終わりに

今回は私がABCクッキングを退会した理由についてお伝えいたしました。

私はたまたまABCクッキングという料理教室が合いませんでしたが、何も頭ごなしにABCクッキングを否定しているわけではありません。

ABCクッキングはABCクッキングなりの魅力がありますし、ABCクッキングに行くのが趣味だったり最も料理の勉強になるという方もいると思います。

私はたまたま合わなかっただけです。
ABCクッキングが合わなかったというよりは料理教室が合わなかっただけです。

この記事が一つの意見としてABCクッキングなどの料理教室に通うことを検討していたり、退会しようかと考えてる方にとって参考になれば幸いでございます。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。






体験記

Posted by ちこ