TOEIC860点取得体験記

私は以前TOEIC860点を取得したことがあります。

今回はなぜ私がTOEIC860点という高得点を取れたのかについてご紹介いたします。

ちなみに860点を取る前のTOEICの点数は630点とかその辺だったと思います。



英単語力を強化したから

まず私は本格的なTOEICの勉強の前に英単語力をひたすら強化していました。

TOEICを本気で勉強する前のおよそ半年間はひたすら単語の勉強に充てていたと思います。
その単語の勉強量は友達に「そんな英単語の勉強をして人生楽しい?」と聞かれたほどです。

私が本格的に英語の勉強をしたのは大学の頃でしたが、その頃大学ではeラーニングという学習教材を提供していました。
私は時間が空いた時に大学のパソコンの前に座り、ひたすらeラーニングで単語を繰り返し勉強していました。

eラーニングでは勉強するとポイントのようなものが入り、自分のポイントのランキングを見ることができるのですが私は一位に降臨していました。
懐かしいですね。

英語漬けの生活を送ったから

TOEICの本格的な勉強に入ってからは英語漬けの生活を送っていました。

TOEICの本格的な勉強に入ったのはTOEIC本番前の一ヶ月〜一ヶ月半くらい前でしょうか。

そのころは空き時間さえあれば英語の勉強をし、バイトや大学の講義や食事や睡眠以外はほぼ英語の勉強をしていました。
勉強時間は受験生にも劣らなかったです。

大学へは自転車通学だったのですが、自転車通学の時ですらイヤホンをして英語のリスニングをしていたくらいです。
自宅での食事のときや入浴の時ももちろん英語のリスニングを流していました。

電車に乗っては単語帳を開き、講義の合間をぬっては単語帳を開いていました。
あの頃は頭がおかしかったですね。

友達と競争してたから

私がTOEICの勉強をするにあたり一番のモチベーションとなったのが友達と競争していたからです。
私は友達とTOEICの点数で競争をしていました。

この競争という点がTOEICの勉強において一番おすすめです。
資格勉強というのはモチベーションがないと続かないです。
海外へ留学したいなどと具体的なモチベーションがない場合は自分で勉強の動機を作りましょう。

ちなみに競争の結果は私が負けました(笑)
友達のが10点高かったです。

終わりに

今回は私がTOEICで860点を取得することができた理由についてお話しいたしました。

英語力を劇的に上げるためにはそれなりの苦労が必要です。
短い期間で点数を上げるためには必ず英語漬けしなければならない期間というのが存在するかと思います。
中途半端な勉強ではそこまで点数は変わらないのではないかというのが私の意見です。

この記事がTOEICで高得点を目指している方の参考になれば幸いです。

私が今までに取得した資格の一覧はこちらになります。
取得済資格一覧

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。






資格

Posted by ちこ