バイト体験談!アパレル製品の縫製作業編

私のバイト体験談を紹介していくコーナーです。
今回はアパレル製品の縫製作業の体験談についてご紹介いたします。



1.どんなバイト?作業内容は?

結構コンプライアンスにうるさいところなので具体的には何も書けません。

一応縫製作業とはなっていますが、派遣の人がやるのは折り畳んだり検品といった技術を必要としない仕事です。
裁断したり縫製したりといった作業は社員さんがやります。
まぁ当たり前ですね。

仕事するにあたって、覚えることが多い仕事です。
この縫製の仕方の場合はこうするなどというのが決まってきています。
初めて勤務する方にとっては、なかなかにハードルが高かったです。

2.所感

何も考えずにとりあえずいろいろなバイトを経験したくて応募してみました。
人生で行き詰まった時はとりあえずバイトを入れるなどして意図的に忙しくするようにしています。
忙しくすることで自分の本当にやりたいことが見えてくるようになるのです。
少しスパルタ気味ですが。

私はアパレル自体にはさぼど興味がありません。
今までファッションとは距離を置こうとする人生でした。
ファッションと今まで距離を置いていたせいで、今ツケが回ってきています。
大人になってから知識やセンスを身につけようとすると大変ですね。
やっぱり何事も早いうちからの方が良いです。

私事はこれくらいにして、どちらかといえばきつかったです。
最初に覚えることがたくさんありすぎですね。
次もやる分には慣れますけど。

向き不向きがあると思いますが、私にこの仕事は向いていません。
おそらく向いていないと思う原因は、私がファッションに興味がないからだと思います。

ファッションに興味があれば、「あぁこうやって服が出荷されるのか」とワクワクするはずです。
私にはそれがありませんでした。
何も考えずに黙々とやっていましたね。

あとはコンプライアンスにかなり厳しいです。
スマホを持って作業することも禁じられています。
帰るときにバッグの中身もチェックされます。
過去に服を持って帰ろうとした方もいたんでしょうか。

3.終わりに

今回はアパレル製品の縫製作業の体験談についてご紹介いたしました。

ずっと引きこもってプログラミングするなりブログ書くなりしても良いのですが、それだけだと不健康です。
たまに外に出たり運動しなければ後で風邪を引きやすくなるなどのツケが回ってきます。

そんなときに派遣のバイトは最適ですね。
話のネタにもなりますし、お金も入ってきます。

みなさんも人生に行き詰まった時はとりあえず時間をお金に変える選択を検討してみてください。

肉体的な辛さ:★★★☆☆
精神的な辛さ:★★★☆☆
給料:★★★★☆

私が今までに経験したバイトはこちらです。
経験したバイト一覧

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。