バイト体験談!クレジットカードの営業編!精神がガンガン削れていく仕事!

2019年5月1日

私のバイト体験談を次々ご紹介していくコーナーです。
今回はクレジットカードの営業のバイトの体験談についてご紹介いたします。



1.どんなバイト?作業内容は?

その名の通りのバイトです。
クレジットカードの営業をかけて、お客様にクレジットカードを契約させるのを目指すお仕事です。

私の場合はセルフのガソリンスタンドで車が来るのを待ち、給油をするために車から出てきた方に営業をかけていきます。
これだけで分かる人は分かっちゃいそうですね。
二年以上前なので時効ということにしておきます。

一応基本給に加えて、契約した人数×○○円の歩合給がありましたが、なかなか契約してくれません。
一日働いて数件あればよい方でしょうか。
ノルマの目安として十数人というのがありますが、それはマジで無理です。
相当営業に慣れている方か、美人しかありえません。

2.所感

今までやったバイトの中で一番精神的にきついバイトでした。
片っ端から声はかけれるのですが、かなり迷惑そうに断られます。
ティシュ配りのバイトより人と関わる密度が濃いので、精神の削られ方が半端ないです。
バイト体験談!チラシのサンプリング編!ティッシュ配りは人によって好き嫌いがある仕事!

確かに逆の立場で考えるとかなり迷惑ですよね。
私はクレジットカードは今ある以上持たない主義なので、クレジットカードを新規に契約するつもりはまったくありません。
私が客として会った場合でも、どんな方が営業に来てもつれなく断ると思います。

一応数件私も契約することができましたが、元からクレジットカードに興味がありそうな方のみでした。
私にはコミュ力だけでなく、営業力がないことがこのとき分かりました。
もちろんうすうす気づいてはいましたが。

一番覚えていることとしては、一緒にシフトに入ったバイトの先輩です。
なんとそのバイトの先輩は常時女装しています。

こんな方いるんだという思いです。
女装しながら働いている方とか初めて見ました。
それもクレジットカードの営業にです。

女装している先輩がいたことについてのの感想はこの記事では書かないこととします。

3.終わりに

今回はクレジットカードの営業のバイトの体験談を書きました。

自分は営業について向いてないと思ったり、営業をすることに不安になっている方はクレジットカードの営業などのバイトを通じて営業の仕事を試しておくべきです。

私は慣れる前に辞めてしまいましたが、営業は慣れの部分が大きいです。
よく自己啓発本にも「人見知りでも営業で年収1000万稼いだ!」みたいなキャッチコピーの本なんかありますよね。

私は最初は太刀打ちできませんでしたが、次第に営業に慣れていくのを実感しました。
試行錯誤していくうちに、自分の中で決められたルーティーンが出来上がります。

みなさんも食わず嫌いをせずに気になったバイトにどんどん挑戦していきましょう。

肉体的な辛さ:★★★☆☆
精神的な辛さ:★★★★★
給料:★★★★☆

私が今までに経験したバイトはこちらです。
経験したバイト一覧

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。