満島ひかり、綾野剛主演、熊切和嘉監督「夏の終り」レビュー★★☆☆☆

2019年4月7日

今回は満島ひかり、綾野剛主演、熊切和嘉監督の「夏の終り」を観た感想についてご紹介いたします。



1.所感

夏が終わってしまいましたね。
もうだいぶ前から終わっている気がしますが。

秋を通り越して寒い日が増えてきました。
もう冬の兆しが来ています。
日本の気象はどうなってしまうのでしょうか。

さて、この夏の終りにですが、例によってhuluのおすすめランキングに出てきたのが観たきっかけです。
感想を書いていきたいところですが、正直私にとってはレベルが高すぎてついていけませんでした。

まだ人生経験が足りないのでしょうかね。
心になかなか響いてきません。
私のような若い世代にとってはもう少し分かりやすい映画の方が観ていて楽しく感じるかもしれません。
いろいろ伏線だったり細かい表現があった気がしますが、何を指し示しているのかよくわかりませんでした。
映画よりも個人的に慣れている小説を読んだ方が内容の機微が入ってくるのかもしれません。
小説を読むことに比べてあまり映画は観てきませんでしたからね。

そもそもの話、恋愛を主体とした映画をおもしろいと感じた経験があまりなかったりします。
ぱっと思いつく恋愛映画としてはタイタニックとかでしょうか。
あれもかなり動きがあったので恋愛の他の部分でおもしろいと感じただけかもしれません。

正直、恋愛映画のレビューを書くのがつらいです。
他の映画とかと比較していきたいところですが、いかんせん他の恋愛映画をあまり観ていません。

これからもいろいろな映画を観てレビューを書けるだけの知識を身に着けていきたいです。

そういえば、軽くこの「夏の終り」についてwikipediaで検索をかけてみましたが、著者の経験をもとに原作を執筆しているそうです。

仮の話ですが、著者が世間的に許されない経験をしたとして、それを小説として発表するとどうなるのでしょうか。
芸術的には許されるにしても、世間的には許されるのでしょうかね。
気になるところです。

2.終わりに

今回は満島ひかり、綾野剛主演、熊切和嘉監督の「夏の終り」を観た感想についてご紹介いたしました。

最近huluを解約してnetflixに変えることに決めました。
理由としては、アニメに英語字幕がついているからです。
英語の勉強を今のうちにしていきたいですね。
今の日本は不安すぎます。
いつでも日本から海外へ逃亡できるように英語力を鍛えていきたいです。

おすすめ度
★★☆☆☆

映画を観るなら映画の見放題サービスがおすすめです。
月額金額を払うだけで映画が好きなだけ観れちゃいます。
最初の数週間は無料ですのでぜひ体験してみてください。
【Hulu】今すぐ会員登録はこちら

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






邦画

Posted by ちこ