MOS(Microsoft Office Specialist)Word Expertの難易度や勉強法は?

2019年6月25日

MOS(Microsoft Office Specialist)とは、ExcelやWord、Outlookなどマイクロソフトオフィス製品のスキルを証明できるスキルです。

MOSのWordの難易度にはSpecialistとExpertの二種類あります。
Expertの方が難易度が高いです。

MOSのバージョンには2016、2013、2010の三種類あります。(2018年現在)
特に理由がない場合は最新の2016を受けると良いでしょう。
勉強しやすいようにお使いのパソコンに入っているオフィスのバージョンを受験するのも良いですね。

しかし個人的にはExcelとWordに関しては2013を受けるのはおすすめしません。
なぜならExcel2013、Word2013のExpertに関しては試験が二つに分かれており、両方合格しなければExcel2013、Word2013をそれぞれ取得したことにはならないからです。
それぞれ二つ受験しなけば行けない分受験料も高くつきますし時間も奪われます。
お使いのパソコンのオフィスが2013の場合でも、一時的にマイクロソフトオフィスのバージョンを上げるなどして2016を受験した方が良いでしょう。
一括で支払いせずに月割りでMicrosoftOfficeのバージョンを上げる方法とは?



1.MOS(Microsoft Office Specialist)Word Specialistとは?

MOSのWordのExpertに合格することで、Wordに関する高度な操作を理解していることを証明できます。

WordもExcelと同様、Specialistに比べてかなり難易度が跳ね上がります。
受験の際はきっちり勉強時間を見積もっておきたいですね。

おそらく事務職の方にとってはこちらのExpertではなくSpecialistで十分なのではないでしょうか。
もちろん合格するに越したことはないですが、難易度に比べて得られるメリットが少ないです。
かなりの難易度なため、受験の際は相当の覚悟をしてきましょう。

ちなみにWordの2013のExpertは試験がPart1とPart2に分かれています。
Word 2013 Expertの資格を取得するためにはPart1とPart2の両方に合格しなければなりません。
費用が二倍必要になり、勉強時間も余分に確保することが必要になってきます。
冒頭で触れたとおり、最新の2016を受験することをおすすめします。

また、合格点ですが、毎回の試験によって違うようです。
試験内容が難しかった場合は合格点が低く、試験内容が簡単だった場合は合格点が高くなります。
ネットの情報を見てみると毎回4分の3ほど点数を取れば合格点を超えるという噂です。
私が過去に受験した時も合格点はそれくらいでした。

受験日
全国一斉試験と随時試験の二種類あります
全国一斉試験は受験日が決まっていますが、一方で随時試験は会場さえ空いていればいつでも受験できます(申し込み日より数日空かないと予約できない?)

受験料
一般価格:12744円(税込み)(2013バージョンは10584円)
学割価格:10584円(税込み)(2010バージョンは学割なし)(2013バージョンは8424円)

試験時間
50分

出題数
バージョンによって異なる

合格基準
?(毎回の試験によって異なる。噂では毎回4分の3くらいが合格基準)

合格発表日
試験終了後すぐ画面に表示される

2.難易度は?

具体的な勉強時間等を述べたいところですが、パソコンに慣れているか、普段パソコンを使った業務をやっているかによって大分変わってきます。
WordはSpecialistよりも格段に難易度が高いため、パソコンに慣れ親しんでいる方でもそれなりの勉強時間が必要です。

普段業務でWordを使ってい方でもきついです。
勉強期間を長めにとっておきましょう。

当たり前のことかもしれませんが、一度参考書を買ってやってみて難易度を確かめてから試験に申し込むようにしたいですね。

ネットの意見では、MOSはWordのExpertがExcelのExpertに次いで難しいという意見が多いです。
試験を受ける際は心してかかりましょう。
人によっては、ExcelのExpertよりもWordのExpertの方が難しいという方もいます。

3.勉強方法は?

MOSに関してはいろいろな種類の問題集だったり参考書がありますよね。

しかしMOSの資格は各バージョン専用の1冊で十分です。
これはExpertというMOSの中でも難しいレベルの試験においても変わりません。

こちらの「よく分かるマスターシリーズ」を何週もやりこみましょう。
2013はPart1とPart2に対してそれぞれ参考書が用意されています。
(なぜか2013のPart2と2010の参考書のリンクが生成できませんでした。2013のPart2か2010が欲しい方は下記のリンクから辿ってください。)

「よく分かるマスターシリーズ」には付録のCDがついており、そのCDを起動することで実戦形式に近い問題を取り組むことができます。
実戦形式に近い問題をこなすことができるので、より効果的に勉強ができるのです。

何週もやりこみ完璧にすれば合格にかなり近づくでしょう。

4.終わりに

今回はMOS(Microsoft Office Specialist)Word Expertの概要についてご説明いたしました。

ExpertになるとSpecialistよりもかなり内容が難しいです。
難しすぎて実務では使わないのではないかという内容さえ出てきます。
問題集を何週もしてしっかり対策をしていきたいところですね。

ちなみに私はWordのExpert2016に合格しております。
私の受験記はこちらに書きました。
よろしければお読みいただけたらと思います。
Microsoft MOS Word 2016 エキスパート (上級)合格体験記

他のMOS資格の種類についてはこちらにまとめました。
MOS(Microsoft Office Specialist)の資格の種類や難易度は?

ITエンジニアにおすすめの資格はこちらに書きました。
ITエンジニアにおすすめの資格3選

IT業界においての資格の価値についてはこちらの記事にまとめましたのでよろしければぜひご一読ください。
IT業界の資格の位置付けとは?

事務職の方に対しておすすめの資格はこちらにまとめました。
事務職の方におすすめの資格3選

専門スクールであるヒューマンアカデミーではMOS(Microsoft Office Specialist)対策講座が用意されています。
資料請求は無料ですのでぜひのぞいてみてください。
★ヒューマンアカデミー★

※ご紹介している参考書、問題集のバージョンは執筆当時のものです。
新しいバージョンの参考書、問題集が発行されていないか今一度Amazon等でご確認ください。

私が今までに取得した資格の一覧はこちらになります。
取得済資格一覧

私がおすすめする勉強法はこちらでご紹介してます。
おすすめ勉強法ベスト3

マイクロソフトオフィススペシャリストマスターの資格を取得しました。
よろしければご一読くだされば幸いでございます。
マイクロソフトオフィススペシャリスト2016マスター取得体験記!約1か月半で手に入れる

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






IT

Posted by ちこ