MOS(Microsoft Office Specialist)Outlook Specialistの難易度や勉強法は?

2019年6月25日

MOS(Microsoft Office Specialist)とは、ExcelやWord、Outlookなどマイクロソフトオフィス製品のスキルを証明できるスキルです。

MOSのバージョンには2016、2013、2010の三種類あります。(2018年現在)
特に理由がない場合は最新の2016を受けると良いでしょう。
勉強しやすいようにお使いのパソコンに入っているオフィスのバージョンを受験するのも良いですね。
お使いのオフィスのバージョンが古くても、月割りで一時的にマイクロソフトオフィスのバージョンを上げることもできます。
一括で支払いせずに月割りでMicrosoftOfficeのバージョンを上げる方法とは?

会社のメールソフトとしてOutlookを使っている企業が多いですよね。
専用のグループウェアだったりSkypeだったりを使っている企業もありますが、絶対数としてメールソフトはOutlookを使っている企業が多いと思います。
今回はそんなMOSのOutlookの資格についてご紹介しましょう。



1.MOS(Microsoft Office Specialist)Outlook Specialistとは?

MOSのOutlookのSpecialistに合格することで、Outlookについての基本的な操作を理解していることを証明できます。

Outlookは使う機会の多いソフトですよね。
会社のメールソフトはOutlookという企業も多いと思います。

MOSのOutlookを受験するに当たって一番の障害としては、合格体験記などの情報が少ないことでしょうか。
ExcelやWordの合格体験記はネットで調べればいくらでも出てきますが、Outlookの合格体験記はなかなかヒットしないです。
専用の問題集がないこともあって、Outlookを受験する人口が少ないことが予想されます。
参考書や問題集に取り組むだけでなく、実際にソフトの機能をしらみつぶしに試してみたり、ネットに落ちているOutlookについての操作方法を調べて試験に備えていきましょう。

また、合格点ですが、毎回の試験によって違うようです。
試験内容が難しかった場合は合格点が低く、試験内容が簡単だった場合は合格点が高くなります。
ネットの情報を見てみると毎回4分の3ほど点数を取れば合格点を超えるという噂です。
私が過去に受験した時も合格点はそれくらいでした。

受験日
全国一斉試験と随時試験の二種類あります
全国一斉試験は受験日が決まっていますが、一方で随時試験は会場さえ空いていればいつでも受験できます(申し込み日より数日空かないと予約できない?)

受験料
一般価格:10584円(税込み)
学割価格:8424円(税込み)(2010バージョンは学割なし)

試験時間
50分

出題数
バージョンによって異なる

合格基準
?(毎回の試験によって異なる。噂では毎回4分の3くらいが合格基準)

合格発表日
試験終了後すぐ画面に表示される

2.難易度は?

具体的な勉強時間等を述べたいところですが、パソコンに慣れているか、普段パソコンを使った業務をやっているかによって大分変わってきます。

注意点としては、いくら普段Outlookを使っているからといって舐めないことです。
このMOSのOutlookで出題される問題は、いつも業務で使う内容とはかけ離れています。
単純に返信機能について知っておけばよいというわけではありません。
これは業務で絶対使わないのではないかという機能まで知っておく必要があります。

ネットの情報不足もあり、そこそこ長期間の対策が必要です。
受験する場合は心してかかりましょう。

3.勉強方法は?

MOSに関してはいろいろな種類の問題集だったり参考書がありますよね。

Outlookの資格はMOS専用の参考書だったり問題集がありません。
このMOS専用の参考書だったり問題集がないということがOutlookの資格を難しくしています。

しかし焦ることはありません。
こちらの「ひと目でわかるOutlook 2016」がOutlookの試験対策として使えます。

Yahoo!の知恵袋で、MOS専用のOutlookの参考書や問題集が売ってなく、他に使える参考書がないか質問をした方がいました。
その質問の解答がこちらの「ひと目でわかるOutlook 2016」であり、なんと驚くべきことにその回答者がMOSの資格を提供しているオデッセイコミュニケーションズだったのです。

公式の会社がおすすめしている参考書なので、MOSのOutlookの勉強に対してはかなりピンポイントで効率よく勉強できるのではないでしょうか。

ただし、念のためこの他にもネットでOutlookの操作を調べるなどして他の方面からアプローチを試みるなど、合格率を高めるための努力を怠らないようにしましょう。

4.終わりに

今回はMOS(Microsoft Office Specialist)Outlook Specialistの概要についてご説明いたしました。

MOSのOutlookは確かに世間的認知度が低く、あまり評価に直結しない資格かもしれないですが、広くOutlookが使われる分勉強しておくに越したことはありません。
MOSなどの資格の勉強は、資格を取得するという目的だけでなく、基本的な操作を覚えるきっかけとなります。

MOSのOutlookにちょっとでも興味を持った方は受験を検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみに私はOutlookのSpecialist2016に合格しております。
私の受験記はこちらに書きました。
よろしければお読みいただけたらと思います。
Microsoft Outlook 2016 スペシャリスト合格体験記!二か月でMOS資格をコンプリート!

他のMOS資格の種類についてはこちらにまとめました。
MOS(Microsoft Office Specialist)の資格の種類や難易度は?

ITエンジニアにおすすめの資格はこちらに書きました。
ITエンジニアにおすすめの資格3選

IT業界においての資格の価値についてはこちらの記事にまとめましたのでよろしければぜひご一読ください。
IT業界の資格の位置付けとは?

事務職の方に対しておすすめの資格はこちらにまとめました。
事務職の方におすすめの資格3選

専門スクールであるヒューマンアカデミーではMOS(Microsoft Office Specialist)対策講座が用意されています。
資料請求は無料ですのでぜひのぞいてみてください。
★ヒューマンアカデミー★

※ご紹介している参考書、問題集のバージョンは執筆当時のものです。
新しいバージョンの参考書、問題集が発行されていないか今一度Amazon等でご確認ください。

私が今までに取得した資格の一覧はこちらになります。
取得済資格一覧

私がおすすめする勉強法はこちらでご紹介してます。
おすすめ勉強法ベスト3

マイクロソフトオフィススペシャリストマスターの資格を取得しました。
よろしければご一読くだされば幸いでございます。
マイクロソフトオフィススペシャリスト2016マスター取得体験記!約1か月半で手に入れる

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






IT

Posted by ちこ