ORACLE MASTER Platinum試験の難易度や勉強法は?

2019年5月5日

オラクルマスターは世界的に見ても知名度が高く、多くの企業で評価されやすい資格と言えます。

オラクルマスターの資格は難易度が低い順からBronze、Silver、Gold、Platinumの4つに分かれています。

今回は最高難易度のORACLE MASTER Platinum試験の概要についてご説明いたします。



1.ORACLE MASTER Platinum試験とは?

Platinumは、オラクルデータベースにおいて最上級の資格です。

ORACLE MASTER Platinum試験に合格することで、データベース管理・運用部門の最上位の資格で、運用面の適切なアドバイスや、効率的な運用・管理・指導ができることを証明できます。

Platinumは実技試験で行うそうです。

いきなりPlatinum試験を受験することは出来ず、Bronze、Silver、Goldと段階を踏んで試験に合格する必要があります。

また、認定を受けるためには、試験に合格するほかに「オラクル認定コース」というワークショップを2つ以上受講する必要があります。
そのワークショップの中でおすすめなのはORACLE MASTER 11g Platinum特訓だと言われています。
なぜなら、この研修では本番試験相当の環境に触れることができるからです。

受験料
257040円(税込み)

試験時間
2日間

出題数
?問

合格基準
非公開

2.ORACLE MASTER Platinum試験の難易度は?

Platinumともなると情報が少ないです。
合格体験記がほとんどありません。

勉強時間を調べてみてもまったく情報がありませんでした。

費用として受験料257040円と講習費が約460000~870000円かかるので、我々庶民には手が届かない資格となっております。
この金額を見た瞬間桁を間違えてるんじゃないかと思いましたがそんなことありませんでした。

Gold同様、一番のハードルは費用でしょう。

3.ORACLE MASTER Platinum試験の勉強方法は?

合格体験記をほとんど見つけられなかったせいで勉強方法がまったく分かりませんでした。

サーバーを一個買うなどして試験環境をたくさん作って勉強している方もいるようです。

書籍に関しては、わざわざPlatinum試験に関する書籍を購入している人はいませんでした。
よく分かりませんが、Oracle研修で入手できるテキストがかなり使えるようです。
AmazonでORACLE MASTER Platinumに関する書籍を検索してみましたが、一応参考書は充実しているようですね。

4.終わりに

今回はORACLE MASTER Platinum試験の概要についてご説明いたしました。

Platinum試験に合格するまでにハードル(特に受験料と講習費)が高いですが、取得することで会社の看板となりえます。

ORACLE MASTER Platinum試験に合格してIT業界の方々に自慢していきましょう!

他のオラクルマスターの資格の種類につきましては、こちらの記事にまとめております。
Oracle Master資格の種類とは?

Platinum試験より下位の級であるGold試験について知りたい方はこちらをどうぞ。
ORACLE MASTER Gold試験の概要とは?

ITエンジニアにおすすめの資格はこちらに書きました。
ITエンジニアにおすすめの資格3選

IT業界においての資格の価値についてはこちらの記事にまとめましたのでよろしければぜひご一読ください。
IT業界の資格の位置付けとは?

※ご紹介している参考書、問題集のバージョンは執筆当時のものです。
新しいバージョンの参考書、問題集が発行されていないか今一度Amazon等でご確認ください。

私が今までに取得した資格の一覧はこちらになります。
取得済資格一覧

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。






IT

Posted by ちこ