風邪のときにコーヒーは問題ない?意外な効果とは?風邪薬との併用は注意

2019年1月26日

皆さんは風邪を引いてしまったときに食生活に気を付けていることはありますか?

たとえ食欲が残っていたとしても、風邪の時は食べるものや飲むものに気を付けたりしますよね。

私はコーヒーが好きなのですが、今まで風邪の時はなんとなくコーヒーを避けてきました。
しかし風邪の時にコーヒーを飲むことによって、意外な効果が期待できたのです。

今回は風邪の時にコーヒーを飲む効果についてお伝えいたします。



コーヒーは風邪による頭痛を緩和する

頭痛にはコーヒーが効くという話を聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。
実はこのコーヒーが頭痛を緩和する作用ですが、風邪による頭痛に対しても例外なく効果が期待できるのです。

コーヒーに含まれるカフェインには交感神経を刺激して血管を収縮させる作用があるので、頭痛の原因となっている血管の拡張を抑えることができます。
風邪で頭痛がつらい時はコーヒーを飲むと良いでしょう。

利尿作用によってウィルスが排出される

コーヒーをはじめとしたカフェインを含む飲み物には利尿作用があることはご存知かと思います。
コーヒーを飲むとトイレが近くなりますよね。

そのカフェインによる利尿作用を利用して、体内の不要な成分やウィルスなどを尿として排出するのを促すことができるのです。

ウィルスが体内で増殖すると増殖したウィルスに対抗するために熱が出るようになります。
しかしコーヒーを飲んで尿としてウィルスを排出するのを促すことで、体内のウィルスの量が減り、解熱効果が期待できます。

風邪のときのコーヒーには注意点が!?

風邪の時にコーヒーを飲むことによって頭痛を和らげる効果、解熱効果が期待できますが、一つだけ注意点があります。
それは、風邪薬と併用してコーヒーを摂取しないことです。

なぜなら風邪薬自体にカフェインが含まれるものがあり、風邪薬と一緒にコーヒーを飲んでしまうとカフェインを摂りすぎてしまう結果につながるからです。
カフェインを摂りすぎてしまうことによるデメリットはこちらの記事でまとめました。
胃が荒れて免疫力の低下などにつながります。
カフェインのデメリットとは?飲みすぎには注意!

終わりに

今回は風邪の時にコーヒーを飲む効果についてお伝えいたしました。

なんとなく風邪の時にコーヒーを避けた方が良いと思っていましたが、意外にもメリットがあるのですね。

ただし、先ほどもお伝えした通り風邪薬と併用するのは避けた方が良いでしょう。

今度から風邪薬を使わない場合は心の赴くままコーヒーを飲んでいこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






Posted by ちこ