ストレスを解消させる食べ物とは?現代社会を生き抜こう!

2019年1月26日

現代はストレス過多の時代ですよね。
技術が発達して便利なものが増えた分、私たちの求められる水準も高くなっています。

そんな時代の中、なんの対策もなしに生き抜くことは大変ですよね?

今回はストレス解消に効果のある食べ物についてご紹介いたします。
食生活からストレスを発散させていきましょう!



1.バナナ

バナナには疲労回復効果やストレスを改善するビタミンB群や精神を安定化させる効果のあるマグネシウムが含まれており、ストレス解消に役立ちます。

さらに、精神を安定させるセロトニンの材料となるトリプトファンもバナナには含まれているのです。

バナナは手軽に食べられるので便利ですね。

2.ヨーグルト

ヨーグルトをはじめとした乳製品にはカルシウムが多く含まれています。

カルシウムがイライラの防止になることはみなさん聞いたことはあるのではないでしょうか?
血液中のカルシウム濃度を高めにしておくことで神経が興奮しにくくなり、イライラやストレスの改善に繋がります。

その上ヨーグルトを摂取することで腸内環境が改善され、免疫力が高まりストレスを感じにくくなるそうです。
腸はストレスを感じやすい臓器ですが、消化器官の改善から始め、ストレスに強い体を作っていきましょう。

3.カカオ

カカオに含まれるフラボノイドは気持ちをリラックスさせる効果があり、同じくカカオに含まれるフェネチルアミンは気分を高める効果があるそうです。

ストレスがたまったときは甘いものを食べると決めている方もいるのではないでしょうか?

ちなみにダークタイプのチョコはカカオの含有率が多く、よりストレス解消の効果が期待できるためおすすめだそうです。

4.ナッツ類

ナッツ類にはストレスに効果のあるマグネシウムが豊富に含まれています。

他にもナッツ類はオレイン酸やリノール酸などコレステロールを下げる不飽和脂肪酸を含んでおり、生活習慣病を予防する働きもあるそうです。

ナッツ類は集中力を上げる食べ物としても有名ですね。
しかしナッツ類はカロリーがべらぼうに高いので量には注意しましょう。

5.豚肉

豚肉には、神経の働きを維持する良質なタンパク質を含んでいるため、ストレス解消に役立ちます。

しかも豚肉に含まれるビタミンB1は、疲労を解消させる効果もあるそうです。

豚肉良いですよね。おいしいです。

6.卵

卵にはたんぱく質やビタミンB1、カルシウムなどストレス解消に効果がある栄養素が豊富に含まれています。

ちなみにストレスに対抗するためのホルモンが分泌されるときにはたんぱく質が分解されるため、ストレスを感じやすい方はたんぱく質の摂取を心掛けるとよいそうです。

卵は栄養素がたっぷりな食品としてポピュラーですが食べすぎはいけません。
1日2個までがよいそうです。

7.カツオ

カツオに含まれるアンセリンいう物質は血圧を下げる作用や活性酸素を除去する作用もありますが、疲れにくくさせる効果もあるようです。
アンセリンは他にもサケやマグロなどの長距離を泳いだり速く泳いだりする魚にも含まれています。

さらに、カツオには疲労を回復する効果があるビタミンB1や、神経機能を維持するビタミンB12も含まれているそうです。

魚を食べると頭が良くなると言われているので資格勉強にも最適です。

8.終わりに

今回はストレス解消に効果のある食べ物についてご紹介いたしました。

気分をリフレッシュさせることも大切ですが、食べ物に気を付けることも大事です。

色々書きましたが、自分の好きな食べ物を食べるとそれだけでストレス解消にもなりますね。

ただし、自分の好きな食べ物ばかり食べると栄養が偏るので注意です。
おいしいものは総じて体に悪いですよね。

みなさんも食べるものに気を付け、食生活からストレスを解消していきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






Posted by ちこ